今回はノコギリヤシについて調べてみたい。
EDになった後、夜トイレに行く回数が増えたんで、これは前立腺癌かもしれないと思って検査をしたことがあった。
癌ではなかったが、しばらくの間頻尿を抑えるということでノコギリヤシを飲んでいた。

タミイ静止画1

そんなんじゃセックスどころじゃないね、もう諦めたら?

がっちゃん静止画1

うるさいんだよ


それで頻尿に対して、ノコギリヤシは効果あったと思う。

この前精力剤をいろいろとみていたら、その成分にノコギリヤシが入っていたものがあった。
ノコギリヤシって・・・・・下半身関連のサプリではあるけれども飲むと勃起したりするんだろうか?

本当はどんな効能があるのか?いわれている効能についてエビデンスはあるのか?見ていきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と思ったんだが、色々と調べ始めていくにつれ、はっきり言って私の心の中でノコギリヤシの魅力は激減してしまった。
思いがけないことが次々にわかってしまったからである。
それで記事が書けなくなってしまって上記前書きを書いてから丸一日経ってしまった。

気をとり直して。随筆のように流して書いてみることにした。

わたしは確かに頻尿ではあったが、それほどひどいわけではなくて、予防的にノコギリヤシでも飲んでおこうかなと。
そういう意識レベルだったんで。
今までその効能について調べたことがなかった。
単に宣伝文句に乗せられてノコギリヤシでも飲んでおこうかと思ったまでである。
それで。

ノコギリヤシが効果がないかというと。
わたしが実際飲んでみたところ、トイレに行く回数はたしかに減った。だから効果はあると思う。

今回はでも精力剤の成分としてノコギリヤシの入っているものがあったんで、
記事を書いてみようと思い立ったのであった。
が、結論から言うと、精力剤にノコギリヤシは入っているのは意味不明であった。

というか昔からノコギリヤシやそれと同様のものであった漢方でいう棕櫚子が利尿効果とともに精力アップ効果があると言い伝えられてきたかららしい。
頻尿を抑えるのに、前立腺あたりの筋肉を引き締める医薬品などがあるが。
そういう効果と関係があるのかもしれないが、あとで書くけど、そのあたりのノコギリヤシの効果というのは俗説の部類だと思う。

ウィキをみて見ると。前立腺肥大に対する効果についてさえ、評価はあまり高くない。

医療用途
果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されている。脱毛症・多嚢胞性卵巣症候群などの高アンドロゲン状態にも用いられているが、その場合の効果は実証されていない。
欧州では伝統生薬製剤の欧州指令に従い医薬品ともなっている
有効性
多くの臨床試験のメタ分析からは、抽出物は軽-中度のBPHに対してフィナステリド・タムスロシンより安全で効果的であるという結論が出た。しかし、その後の2つの大規模臨床試験ではプラシーボとの差異は見いだせず、これらを含めたメタ分析では「BPHによる尿路症状に対してはプラシーボより効果的とは言えない」という結果となった。これらの臨床試験は1年間で行われたが、2年間を超えて使用するとその効果はフィナステリド・タムスロシンに匹敵し、手術が必要となる確率を低下させたという報告もある

ということで、ノコギリヤシについてはさまざまに研究が進められていて、効果があるという研究も多いが、それを否定しているものも相当あるという状況にようだ。
いずれ、嘘だとか、単なる俗説だということにはなっていないようだ。

だからグルコサミンやブルーベリーの時みたいに、完全に嘘だったんだ!って頭にくることはない。

またノコギリヤシに限らず、前立腺肥大によって起こる症状に対しては様々な天然成分もあるし、またウィキにも書いてあったとおり、前立腺肥大に効果が確実な薬が開発されていることがわかった。
(知らんかったわ)
このサイトを作り始めてから、色々と調べ始めたので、今はだいぶ考えが修正されたが、わたしは薬というものには偏見を持っていたので、ほとんど飲んだこともなく、したがって調べたこともないのであった。
でも今回調べたらば、ただ前立線肥大に効果があるばかりでなく。
育毛剤としてもすぐれていて、頭に毛が生える!という革命的な効果をもたらす成分が発見されていたことがわかった。
前立腺肥大に効果がある治療薬を開発していたら、それが男性型脱毛症(AGA)に如実に効果を発揮してしまったというのである。

(これも知らんかったわ)

心臓の狭心症などのために開発された薬が実は勃起不全症の人に希望を与えるED治療薬であったとして世界中に名を轟かせた「バイアグラ」と同じぐらい革命的なものであると言う。
わたしは幸いにも髪の毛が薄くなるということはなく、そのため。

このハゲ~

とハゲてきたわたしの友人に対し、無慈悲にもこんな言葉を投げつけていたのであった。
わたしは豊田真由子をあざ笑うことはできない。同じ穴の狢だからである。

毛が薄くなってしまってズラにしたら、それがバレて悲しい思いをしているおじさんたちには。
飲み屋でわたしが投げかける冗談めかした無神経な言葉は屈辱的なことであったろう。

わたしもEDになるまでは勃たない人たちを笑っていたのである。
なってみてはじめて他人の苦しみが理解できた。

人間って愚かだね。

タミイ静止画1

ガッチャンは特に愚かだと思うよ、わたしは。

 

ともかくもハゲの人にも毛が生えてくるというのは朗報に違いない。

別記事で書いてみたいが。
男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使われる種々のものに対するレビューを見てみると、ハゲジジイたちの喜びが爆発していて、胸が熱くなる。
バイアグラなどのEDE治療薬のレビューと似たような感じだ。

タミイ静止画1

毛生え薬のことは有名な話だよ、わたしでも聞いたことがあるもの

がっちゃん静止画1

まあね、無知だから僕ちゃんは。毛生え薬なんて嘘だと思ってたから、今回は驚きの連続だ。恥ずかしいが、でも調べて色々と分かるのは楽しい。

あまりにもいろんなことがあってまとめづらいので、今回の記事は発端となったノコギリヤシについてまとめてみたい。

ノコギリヤシって?

ノコギリヤシはノコギリパルメット(学名:Serenoa repens、英名:saw palmetto[5])というヤシの1種で、葉柄にギザギザのとげがあるので、この名前が付いた。

引用元
By Ted Bodner, Southern Weed Science Society, United States – This image is Image Number 1120619 at Forestry Images, a source for forest health, natural resources and silviculture images operated by The Bugwood Network at the University of Georgia and the USDA Forest Service., CC BY 3.0 us, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6981484

先程も引用したが、このノコギリヤシ。エビデンスが弱い。ノコギリヤシは北米南東部に生息するものだが。
ノコギリヤシ似たものが中国語名は「棕櫚子」とよばれていて薬効があると言われているのは。
同じく実での部分が、古来から泌尿器疾病の治療薬 強壮、利尿に効果があるとされてきた。
それで前立腺肥大にも効果があるかもしれないとして研究がなされたのであった。

だが、近年の研究によれば、医薬効果は認められておらず、現時点では、前立腺肥大症に対し驚くべき効果は無いかもしれないと言われ始めている。
それはウィキにもあったように、研究が始まった頃に効果を確認したはずの実験が、別の実験によって否定されてきているからである。

詳しいことは健康食品」の安全性・有効性情報 独立行政法人 国立健康・栄養研究所のデータベースなどをご覧頂きたい。

とは言え、現在でもノコギリヤシの有用性についての論文はたくさんあって。
結構な時間を使って読んだりしたが。
結論的に言えば、

ノコギリヤシは前立腺肥大症に対し、おそらく有効だ
特に良性前立腺肥大に対して有益である可能性が高い。
ただ他の抽出物との混合物の摂取が有効という研究もあるが、それについては怪しい。

ということだろう。
ノコギリヤシをさまざまな成分と合わせ、複合的に摂取することで、効果が相乗的に増すという論文が結構あって、読んでみたが。
未だその効果は権威ある研究所では認められていないようだ。

いろいろ調べた結果として、ノコギリヤシは私的には効果が感じられたが、今後は効果について賛否が別れるノコギリヤシはやめてもっと効果が確実な医薬品を飲もうと思う。

まだノコギリヤシのサプリは後一ヶ月分ほどある。
もったいないからそれは飲むけど。
飲み終わったらば、医薬品で試して見るので、バイバイ!ノコギリヤシ、ということになりそうだ。

追記

その後、色々と調べてみたが、前立腺肥大に関しての医薬品の中には男性ホルモンを抑制することで、頻尿を抑えるという型の医薬品があることがわかった。現在医薬品として認められているのはフィナステリドやデュタステリドなんだが。これらは毛生え薬として医薬品の承認を受けている。これと同じような成分がノコギリヤシにも入っているという記事を多数見かけた。

つまりはノコギリヤシを大量に摂取すると勃たなくなるということだ!

これに関して絶対的に信頼できる物を見つけられていないが、もし勃起関連の効果を得たいと思うんであれば、とりあえずノコギリヤシはやめておいたほうが良いかも、とは思う。

 

とりとめのないものになってしまったが。 一旦記事を閉めて、次回前立腺肥大ってなんだろう、どんな薬が効果的なのか?などを引き続き調べていきたい。
また前立腺肥大の治療薬の研究から発見された男性型脱毛症(AGA)についても見ていきたい。

今回はここまで。

 

追記2018-04-21

前立腺肥大を抑える決定版として当サイトとしてはシアリスを推奨することにしている。
抜群の効果があると同時にED治療薬でもあるシアリスは勃起効果もあるからだ。
しかもコスパもノコギリヤシよりも良かったりする。

体験報告 シアリス(タダラフィル)は毎日飲むと効果抜群! 前立腺肥大や高血圧にも効果!インジェネでコスパも最高 

 

画像をクリックするとオオサカ堂の姉妹サイトに飛ぶけどオオサカ堂とまったく同じ条件なので安心してほしい。
というかこちらの姉妹ショップの方がオオサカ堂よりも安い。

[シアリスジェネリック]タダシップ(Tadacip)20mg 【1箱4錠】

【商品説明】
タダシップは「シアリス」のジェネリックで、タダラフィルを主成分とする勃起不全(ED)治療薬です。陰茎の海綿体の平滑筋の緊張をゆるめて血流を改善することで、勃起をもたらします。

タダシップはシアリス同様、タダラフィルを主成分としているため、シアリスと同等の作用が期待できます。「バイアグラ」の主成分であるシルデナフィルと比べ、勃起を促す作用はやや緩やかですが、作用が長時間(最長36時間)にわたり安定して継続します(薬剤の半減期が長い)。また食事や飲酒の影響を受けにくいという特長もあります。

週末のデートなどに際して服用しておけば、服用と性行為のタイミングを気にかけることなく、長時間にわたり効果を体感することができるので、大変便利です。

【効果効能】
勃起障害・勃起不全の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
1日1回、10mg(0.5錠)を性行為の約1時間前に経口服用してください。
※十分な効果が得られない場合、増量服用が可能ですが、1日の服用量が20mg(1錠)を超えないようにしてください。
※服用間隔は24時間あけるようにしてください。

単位 1錠あたり 1箱あたり 価格
1箱 298円 1,193円
1,193円 
($10.39)

獲得ポイント:2~91pt

3箱 149円 595円
1,786円 
($15.56)

獲得ポイント:2~136pt

5箱 121円 485円
2,424円 
($21.11)

獲得ポイント:4~185pt

7箱 108円 431円
3,017円 
($26.28)

獲得ポイント:5~230pt

最安値の[シアリスジェネリック]タダシップ(Tadacip)20mg 【1箱4錠】を1錠あたりで一番安い7箱買うとすると。3017円+銀行振込手数料がかかる。
20mg1錠で108円プラスαだ。
保険適用のシアリスを5mg買うと1錠あたり69円。
ジェネリックは1錠20mgだからピルカッターで4等分にすると、27円。