元々酒好きだったんだが、おそらくそのせいもあってEDになったりした。
そっちはなんとか治ったものの、ここ2年ぐらいは検査するとγ-GTPの数値基準値の倍以上高くなって、かなりやばいなあって思ってた。。
自覚症状がないんで、あまり気にしてなかったんだが、医者には酒を控えろって言われ始めてる。

マリちゃん静止画1

え、肝臓って悪かったら死んじゃんじゃない?

がっちゃん静止画1

すぐにそういうことも無いだろうけど、気をつけるに越したことはない。肝臓の機能が低下すると疲れやすくなってまりちゃんを満足させられなくなってしまうから。

ということで、今回は肝機能を保護する働きがあると言われているシリマリンについて書いてみたいと思う。

肝機能改善で言うと、オルニチンの効果が知られている。
二日酔い対策にもオルニチンは効果がある。
またオルニチンでなくとも、アラニンを摂っても二日酔いの症状は軽減されることは別記事に書いた。

オルニチンってどうなのよ その効果とおすすめサプリを評価

お酒を飲んだ時のケアが目的であれば、アラニンだけでも良いかなと思うぐらい私にとっては効果があった。

何しろコスパも素晴らしい。
1kg1900円。一日3gも摂取すれば十分なので、1000g÷3=333日分
1900÷333=5.7 円である。

サプリで最安値に近いものだと以下がある。
画像↓をクリックすると商品ページに移動。

 

 

二日酔いといえばウコンが知られているが、色々と調べてみると、

「肝臓の機能を高める」といわれ、消化不良に対しては一部にヒトでの有効性が示唆されているが、信頼できるデータは十分ではない。

と言われてて、どうも有名な割には効果に対するエビデンスがあまり無い。
ただドイツのコミッションE (ドイツの薬用植物の評価委員会) は、アキウコンの消化機能不全への使用を承認している。
あれ、肝臓は?ということについてはそれが有効だとする臨床実験結果は得られていないとのこと。
だからこそサプリなんだろうが、その点シリマリンはその効果が臨床実験によって認められている。

シリマリンの効果がすごい?

私は最近までシリマリンというものを知らなくて。
酒を毎日がぶ飲みしつつ、肝臓も健康である方法はないかと虫の良いことを考えていたんだが。
まずオルニチンは効いたと思う。アラニンもなかなかであるし、今も飲んでいる。

それで飲み屋で管を巻いてたときに飲み仲間がシリマリンの話をはじめた。
彼は私なんか比べ物にならないぐらい肝臓のgannmaGTR の数値が悪くて、このままだと死にますよって医者に脅かされていた。

酒やめますか、死にますか?

それで彼は摂節酒に取り組んだんだけどなかなかうまくいかなくて、つい飲んじゃう。

ある時シリマリンのことを知ってそれを飲み始めたら半年ほどでかなりの改善が見られたんだと。
薬も飲んでいるからその効果ももちろんあると思うけど。
基本的に医者はちょっとやばいなっってぐらいだと薬を処方してくれないから、私も興味を持った。
飲んでる席の話なんで話半分には聞いてたが、彼が言うには神サプリだ!!と言ってもはや信仰のレベルに達してた。

でもこの成分ってあまり話題に上らないよね。なんで?と思った。

日本人はシリマリンのことをシリマセン^^;

タミイ静止画1

寒いオヤジギャグ飛ばしてんじゃないよ

でも私もγGTRは基準値の倍はある身。γGTRが多く検出されるということは肝臓が壊れている証拠である。私も医者には酒やめろと言われている。なので興味はある。

ということで早速調べてみたんだが。

マリアアザミの名前の由来は?

マリアアザミという地中海沿岸が原産の植物がある。キク科の植物で、日本でも何処かから持ち込まれて現在は分布しているとのこと。

 

英名をミルクシスルというけど。それは画像を見るとわかるが、葉っぱにミルクがこぼれたようなまだら模様があるので、その名前がつけられたんだと。
日本でマリアアザミと呼ばれるのは学名から名付けた?ようだ。学名:Silybum marianum
そのこぼれたミルクが聖母マリアに由来するものだということからつけられたと言うんだがなぜミルクと聖母マリアが関係してるのかはこじつけのような説があるが、感心しないので省略する。

そのマリアアザミの種から抽出されたのが「シリマリン」という成分。

シリマリンの効能と歴史

日本ではあまり知られることがなかった(私が知らなかっただけかもしれないが(^_^;)がヨーロッパでは2000年以上前からマリアアザミはお茶やサラダ等の様々な料理に西洋ハーブとして利用されてきた。


そして主に肝臓疾病の治療に使われてきた。また強壮作用があり、メンタルな部分の改善などにも効果があるとされて、長年に渡って親しまれてきた。
それが近代科学が発達して研究が進められるにつれて、種子に含まれるシリマ リンの医学的効果が実証された。
シリマリンはシリビニン、イソシリビニン、シリクリスチン、シリジアニンといったフラボノリグナン類の混合物。

その中でもシリビニンは動物実験などの結果、毒素から肝臓を保護する肝保護作用があることがわかってきた。
またタンパク質合成に関わるRNAポリメラーゼAの働きを高める働きを通じて肝臓の再生機能を活発化させる。傷ついた肝細胞の修復を助けるとされているわけだ。
さらには抗酸化作用や毒素の侵入を阻止刷る働きもあったりするので肝臓だけではなくて糖尿病の改善などにも役立つことがわかってきている。

今後さらに様々効果が実証されると思われるが、このような高い成分効果によってドイツではシリマリンを医薬品として認可。
肝炎や肝硬変、糖尿病などの治療薬として活躍している。

しかもすごいのは様々な臨床実験が行われているのに副作用が認められないこと。・・・・だって。

飲んべの話だけだと信憑性がなかったけど、調べてみたら良いことばかりが書かれてて、すごいなあって思う反面ホントかなって思うけど^^;
何千年もの人体実験によって統計的に効果が認められ、かつ科学的な検証によって医薬品として認可されているわけなんで。
かなり期待ができる。

 

追加 グルタチオンを増加させるシリマリン

その後、シリマリンを飲んで一ヶ月あまり。
他のサプリも飲んでいるので、効果の程は実感できないけど。体調がすこぶる良い。

それで知識が少し増えたので追加をしておく。

シリマリンが肝臓機能を高めるのはグルタチオンという体内の最大防御成分を活性化させることにあることがわかった。

以下引用をしておく

シリマリンを含むマリアアザミは、フラボノリグナンの混合物。
主にシリビン、シリジアニンとシリクリスチンから成っている。
シリマリンはマリアアザミから抽出され、様々な肝臓疾患の予防と治療に薬用効果があるとされている。
1986年、肝臓疾患の治療として口腔摂取する場合、マリアアザミはそのシリマリン成分の70%が天然由来で無ければならない、ということがGerman Commission Eによって基準化された。

健常者の50%以上がシリマリンによって肝臓でのグルタチオンが35%以上増加する。グルタチオンは抗酸化剤としてだけでなく、肝臓での解毒機能を活発化させ、薬剤や発がん性物質などの様々な生体異物の解毒を促進している。マリアアザミの効能は肝臓のグルタチオンレベルを回復させること。

マリアアザミ 種子の標準化された抽出物であるシリマリン の主要な活性成分であるシリビリン(シリビン)はRNAポリメラーゼA(ポリメラーゼⅠ)とDNA合成を刺激し、リボソーム蛋白の合成とこれらの合成を刺激する細胞の発達を促す。
それによって古くなってダメージを受けた肝臓細胞を新しく作られた細胞に置き換える。また様々な微生物、アルコールやその他の科学的なダメージによる傷ついた肝細胞の修復を促進する。

シリマリンがすごいのはスーパーオキシドジスムターゼ(酸化ストレスを減少する働きをもつ酵素)という強力な細胞内抗酸化物を増加させるので、スーパーオキシドアニオン(協力な有害フリーラジカル酸化物)の働きを抑える。

詳しい記事はこちら

 

マリちゃん静止画1

なんだかとても良さそうなサプリね

シリマリンの改良すべき点

良いことばかりのように見えるシリマリンだが、なんと重大な欠点があることが判明。
それは体内への吸収が難しい成分だってこと。溶けづらいんだってさ。

でもそれだと意味がない。
せっかく飲んでもその多くはただただうんこに混じって排出されるだけである。
まあ全部ということはないんだろうが、ともかく吸収率が悪いんだと。

マリアアザミの主成分シリマリンはほぼシリビニンで構成されている。
そのシリビニンは2つのジアステレオマー(原子の立体配置が互いに鏡像の関係になっていない立体異性体【デジタル大辞泉】)、シリビニンAおよびシリビニンBが大体一対一の割合で含まれている。
この2つの活性成分が肝臓に聞くと考えられてるんだが、そのまま摂取してもほとんど体に受け入れられない。
そこで、効果は同じで、溶けやすいようにするためにシリマリンとホスファチジルコリンの複合体であるシリピド(silipide、商品名 シリフォス Siliphos)という成分を作り上げたという。
するとシリマリンよりも10倍も高い肝保護効果が得られた。もちろん溶け具合が10倍になったからである。

なので医療用ではこんな形で改良型シリマリンが使われているようだ。

ちなみにホスファチジルコリンといえばかつてはレシチンと同義と思われてたけど、今は違うんだね。びっくり。
無知というのは困ったもんだ。レシチンと書いてあった場合にはどのくらいホスファチジルコリンが含まれているか調べる必要があると言うことなんだけど。

リノール酸やオイレン酸にも含まれれ、脳内に最も多く含まれるリン脂質であるホスファチジルコリンも摂取すべき優良成分。
ホスファチジルコリンは「脳と神経の材料」と言われているぐらい重要なモノなので、当然勃起関連にも間接的に関係してくる。
直接的には認知症対策など、脳の活性化に大きなや役割を果たすことが期待されている成分だ。
詳しくは別記事で書くけれど、こうやって体というのは様々なつながりを持ってダイナミックに活動している。
直に勃起するもの以外でも回り回って下半身にも影響を与えていることがわかる。

なんかホスファチジルコリンとの複合体と聞いただけで効くような気がするのがプラシーボ?

おすすめサプリ

画像をクリックすると商品ページに飛びます。

最安値に近いと思われるのがiHerbで販売されているNow Foods, ダブル強力シリマリン、300 mg、200植物性カプセル。

私が調べたところではアマゾンよりも安かった。

国産は売価の安い

大塚製薬 ネイチャーズリソース マリアアザミ 60粒

などもあるが、1粒あたりにマリアアザミ抽出物140mg(シリマリン80%含有)を配合ということで。

2粒ずつ飲むとすると、一日のコスパが32円強。しかも成分的にはNow Foods, ダブル強力シリマリン、300 mg、200植物性カプセル。よりも弱い。

Now Foods, ダブル強力シリマリン、300 mg、200植物性カプセル。の1カプセルあたりの成分は以下の通り。

ミルクシスルエキス(Silybum marianum)(果実と種子) (80%シリマリンフラボノイドに標準化) 300mg
タンポポ(Taraxacum officinale) 100 mg
アーティチョーク(Cynara scolymus)(リーフ) 50 mg

ミルクシスルエキスは標準サプリの2倍入っている。

タンポポもまた肝臓に良い効果があるとされている。
タンポポの根は胆汁分泌や肝臓系の機能促進。
タンポポの葉は胆石の解消、利尿作用などを促し、痛風などの改善効果もあるとか。
アンティチョークも肝臓の機能を強化し、胆汁の分泌を促進してくれルハーブとして有名だ。
酒飲みにはぴったりのにぴったりのハーブだといわれている。

肝臓あたりに対する強力な布陣が敷かれていて好ましいサプリだと思うし、何しろ安い。

2443円÷200日=12円強である。これで肝臓が守れるんだったら言うことはない。

しかし。先ほど書いたようにミルクシスルエキスは吸収率が悪い。
そのせいか評価も、おおむね良好ではあるけれども、全く効かなかったというレビューもあった。

そこで同量なら10倍の効果があるといわれているシリフォス Siliphosを含んだサプリを見てみると。
アマゾンより安かったのがこれ。やっぱりiHerb

iHerbってすごいね。日本のアマゾンでは販売されていないモノもあるし、あってもほぼ必ず安い。
精力剤ではオオサカ堂とコスパの点で争うけど。どっちも素晴らしい。選べるってのは嬉しいことだね。

 

画像をクリックすると商品ページに飛びます。

高性能だけあって、コスパはそれほど良くない。
一日2錠を飲むとして45日分。

4318円÷45日=95円。
Now Foods, ダブル強力シリマリン、300 mg、200植物性カプセル。の8倍のコストである。

私はこのシリマリンは最近知ったので、体験はしていない。実際に飲んでみようと思うんだが。
肝機能に関してはγGTRの数値が安全基準レベルの倍になっているので^^;

8倍の高コストだが、飲むんだったらレビューが高評価のThorne Research, シリフォス®(Siliphos), 90 ベジタリアンカプセル

調べた限りでは酒飲みには最高のサプリのような気がしているが。

ってことで今回はここまで。

 

 

追加
コスパが良いものを見つけたので追加をしておきたい

ミルクシスルの種子には、シリビン、シリジアニンとシリクリスチンからなるシリマリンとして知られるフラボノイド複合体が含まれます。研究によると、ミルクシスルの健康上のメリットを引き出す鍵はシリビンの吸収であることが示されています。しかし、通常のシリビンは胃や消化管に入ると吸収されにくく、容易に破壊されてしまいます。シリフォスは、シリビンの吸収を最適化するために特別に開発された特性フィトソーム技術を使用して開発されています。

Siliphosミルクシスルフィトソーム(Silybum marianum(種)/ Silybin-ホスファチジルコリン複合体) 160 mg
シリビン(29-36%) 46-57.6mg

ご使用の目安

1カプセルを1日2〜3回、または医療従事者の指示に従って服用してください。

¥1,989 一日のコスパ2錠として66円強。
やはり高いが、シリフォスの中では安い。