カルニチンの働きを調べているうちに中鎖脂肪酸や短鎖脂肪酸の働きに行きあたった。

特に短鎖脂肪酸はいわゆる酢であって、しかもそれがエネルギーとなるとか、ダイエットとか、腸の働きを整えるとか、脳の活性化とか、ガンの予防とか、あるいは糖尿病予防などに多大な効果があると知って驚いた。

しかも。
前記事にも書いたが、サプリレベルで見てみると、ここまで効果を保証するエビデンスが明らかになっているのもあまりない。
つまり確実な効果が期待できるのである。

短鎖脂肪酸のすごい効果!体内で作られる酢がビフィズス菌を増やし、ダイエットや免疫機能強化にも役立つってほんと?

酢を飲んで効果があるのか?

しかし、短鎖脂肪酸を体内で増やすには、短鎖脂肪酸である酢を飲むのではなくて食物繊維を摂取することが確実なんである。
つまり、レジスタントスターチ(でん粉性の食物繊維)、非でん粉性の食物繊維、オリゴ糖などを経口摂取することで大腸内で作られる短鎖脂肪酸がふえ、体内で活躍するのである。

そこで一つ疑問に思ったことがあった。

今回はそれに関して調べてみたい。

わたしの疑問は体内で作られた短鎖脂肪酸、つまりはお酢が体内でそれほどまでに重大な働きをするのであれば。
酢を飲むという健康法があるが、それには効果があるのだろうか?

このことである。

何度も書くが、体内で非常に重要な働きをするからと言っても、その成分を経口摂取しても全く効果がないというものがあまりにも多すぎる
グルタチオンもそうだったし、後はグルコサミンなんか典型だよね。

グルタチオンは別の形で体内濃度を高める方法があったので、わたしは現在はそれを実践しているが。

グルタチオンは最強アンチエイジング成分!N-アセチルシステイン・αリポ酸・マリアアザミ・L-グルタミンで倍増するってホント?

グルコサミンの場合、グルコサミンとかN-アセチルグルコサミンとかコンドロイチンなどが膝の痛みに効果あり!と宣伝されているけど。
これがおそらくは大嘘だってことが調べた末にわかった。
えびせんを食べているのと変わらないという情けない結末に、N-アセチルグルコサミンのサプリを飲んでいたわたしは愕然としたものである。

関節の痛みに効果がありそうなサプリや医薬品を調べてみたが コンドロイチン・グルコサミン効果が怪しすぎてびっくり?

その点、中鎖脂肪酸は経口摂取で効果があることが明らかであるので、ココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸でできている油を摂取すればよい。

また繰り返しになるが、短鎖脂肪酸については大腸内で作られるわけなんで、ビフィズス菌が栄養素として取り込んで、発酵させて作り出す短鎖脂肪酸の、その原料となる食物繊維を大腸まで送り届ければよい。
実際に発酵に使われる成分としては、レジスタントスターチ(でん粉性の食物繊維)、非でん粉性の食物繊維、オリゴ糖などがあり、これらは食品からでも十分に摂取することができる。

なので、体内で作られ活用されている主な短鎖脂肪酸、つまりは酢酸、プロピオン酸、酪酸などは別に酢を飲まなくても十分に補給ができるのである。

しかし酢を飲む健康法も多くの人たちが実践している。果たして酢を飲むことで、体内で作られる短鎖脂肪酸と同じ効果が得られるんだろうか?
それで色々と見ていったら。

酢の経口摂取が効果があるという実験結果を載せた論文

酢を経口摂取することで効果があるという研究論文を見つけた。

それがこれである。

 山下 広美 「酢酸の生理機能性」 『日本栄養・食糧学会誌』Vol. 67 (2014) No. 4 p. 171-176

この論文では、酢酸が果たす体内での様々な効果について実証的に書かれていてわたしとしては大変に勉強になった。

タミイ静止画1

分けわかんないんですが

がっちゃん静止画1

頑張って勉強しようよ

中鎖脂肪酸はカルチニンを活用せずに、直接肝臓で代謝されるために脂肪として蓄積しないだけでなく、体にとって良い効果をもたらすが。
その主な効果の元はケトン体であるということを前に書いた。

中鎖脂肪酸 ダイエットにスマドラに!多大な効果を発揮するココナッツオイル MCTオイルを徹底解剖

だがこの論文では脂肪酸が分解されるときにはケトン体だけではなく、酢酸も生成されていると言い、その酢酸のすばらしい作用機序を明かされていた。
説明は省くので、ご興味がある方は詳しくは直接論文を当たっていただきたい。

引用元
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/67/4/67_171/_pdf

この論文で酢酸を飲んだ場合の効果について書いてある。画像で載せておく。

この論文によれば、酢を飲んでいるグループはプラセボ(偽薬)の人たちに比べての体重が減ったという結果が得られた。
これを見ると、経口摂取であっても効果はあるようだ。
ただ今まで経口摂取した酢が体に良いという、科学的な証拠がなかったということも語られている。

タミイ静止画1

でもガッチャンは酒を飲むときにりんご酢を入れて炭酸割りにしたら、健康にもいいから一石二鳥だと思ってるだけなんでしょ

がっちゃん静止画1

実はそうなんだけど、なんでわかったの?

酒やめれば良いんだけどね、でもそれはできそうもない。
今までレモンを入れたりしていたんだけど。
リンゴ酢を試したらなかなかの味。これが健康にも良いんならば一石二鳥!嬉しいなって思った。

ネット上にも実際にお酢のダイエットというか健康法を謳った記事がたくさんある。
ただほとんどエビデンスが明かされていないから、今回調べる気になった。と言うわけ。

動機はかなり不純である。

ただ効果はあるという実験結果があることがわかったんで。
ありがちなリンゴ酢ダイエットの効果について少し詳しく書いてみたい。

リンゴ酢の効果とは

なぜりんごかというと。それはヨーロッパやアメリカで酢といえばリンゴ酢だからである。
それに日本の米酢などと違ってフルーティなので、酒で割るのにちょうどよい。
そのまま飲んでも美味しい。
リンゴ酢はりんごの果汁に酵母を加えてアルコール発酵をさせた後、更に酢酸発酵させて作られることが多い。

ここでは短鎖脂肪酸に関する記事で書いたようなさまざま効果が、酢を飲むことでも得られる、と仮定してして話を進めていきたい。
エビデンスを明らかにしなくていいとすごく楽(^^ゞ

タミイ静止画1

今まで効果があるとかないとか、随分厳しかったのにリンゴ酢に関しては随分甘いのね

がっちゃん静止画1

焼酎やウオッカを割るのに少しでも効果があると思えればいいだけだから。気楽にやる

それでいくと。

リンゴ酢には、ダイエットをはじめとして整腸作用・むくみ解消・疲労回復・高血圧予防・免疫機構強化などの様々な効果(大腸で生成された酢酸の働きと同じ効果)があるに違いない。
よく言われる女性にたいしての効能とは。ということで。

ダイエット効果

酢酸は体内でインスリンの分泌を抑え、糖尿病を抑制する効果もあるが。インスリンはまた脂肪ホルモンとも言われ、脂肪を蓄積する働きもする。
それを抑えることでダイエットにも効果があると期待される。

整腸作用

酢酸は整腸作用があるので便秘にも効果があり。代謝を良くするので血行を良くし脂肪を燃やしやすくする。はずである。
あ、それとリンゴ酸独自のものとしてはアップルペクチンが含まれているので、ビフィズス金を増やす役割も果たす。と思われる。

むくみを解消する効果

新陳代謝を良くすることで腎臓の働きも活発化させ、水分の排出をしやすくするので、むくみも解消されるはず!

というようなことが謳われている。
果たして酢を飲むことによってこれだけの効果が得られるかということについてはまだ明確なエビデンスが無いようなんだが。

それなりの効果があることは間違いがないようなので。細かいことは抜きにして。改めてわたしもリンゴ酢を飲んでみようと思った。
酒は毎日飲むので、リンゴ酢ダイエットが効果があるのであれば、わたしは必ず痩せるはずである^^;

どんなリンゴ酢を選ぶべきか

添加物なしのオーガニックであれば信頼はできると思う。また意外なことに、海外の販売サイトで見かけたリンゴ酢はかなり高い。
なので非常に珍しいことだが、国産のリンゴ酢を選んでみた。

わたしが試してみたのはこれ。

原材料:有機りんご果汁

有機栽培りんごの果汁のみを原料とし、昔ながらの静置発酵法で作った、有機JAS認定の純りんご酢です。 有機JAS認定商品(有機農業認定協会)です。 有機栽培りんごから搾汁した果汁のみを使用し、アルコールなどを一切添加せず、昔ながらの製法で作った 有機純りんご酢です。 昔ながらの静置発酵法で長い期間かけて作った、まろやかな醸造酢です。 酸度:4.5%

¥ 321

先ほど書いた理由で、普通はiHerbのものを紹介するんだが、今回は楽天のほうがお買い得と判断した。
ムソーの商品で、有機JAS認定の純りんご酢がこの価格だと割安。

リンゴ以外使っておらず、自然な味がして美味しい。

まとめ

今記事は気楽に書いたもので。
中鎖脂肪酸や短鎖脂肪酸の驚くべき効果に感激した後。
短鎖脂肪酸であるお酢を飲むダイエットが効果があるのか、というテーマで少し調べてみた。

酢を飲むということの効果は実は科学的には全く証明されておらず、臨床実験もなかったということだが。
今回調べてみたらリンゴ酢を飲んだらどうなるかという実験について書かれていた論文を発見した。
それには酢酸の働きについて詳細にかかれていて、わたしは勉強になった。
それで紹介も兼ねて記事を書いてみた。
数は少ないにしろ、効果ありという実験結果を出しているものもあることを知って、わたしもお酒を炭酸で割る時にリンゴ酢を使ってみようと思った次第である。

ただし本当に酢酸の効果を体験したいのであれば、酢を飲むのではなくて食物繊維を十分に摂り、体内で酢酸を作り出すことをおすすめしたい

ということで今回はここまで。