「臨終図鑑」の記事一覧

森田童子の死から人生を考える よく死ぬことはよく生きること 65歳で亡くなったバッハ・ベルリオースは死後評価が定まった

愛と雑学のブログ 臨終図鑑

森田童子の死に際して 森田童子が65歳で亡くなった。 一部の人達の間で大騒ぎである。 最近は私も父が亡くなったせいか特に死については敏感になっている。 父親の49日の法要で田舎に帰って思ったこと 遺伝子を残すことの大切さ・・・

父親の49日の法要で田舎に帰って思ったこと 遺伝子を残すことの大切さ

愛と雑学のブログ 臨終図鑑

49日の思い出 父親がなくなってからはや1ヶ月以上が過ぎた。 それで早くも49日の法要を迎えることとなった。 実家が田舎のこととて。 5日ばかり田舎に帰っていたのでサイトの更新ができなかった。 わたしの実家には今母が一人・・・

種田山頭火に見る死に様は幸せそう でもED治療薬がなくて勃起しなくなった人生の終わりが悲しい 

愛と雑学のブログ 臨終図鑑

今回は種田山頭火の死に様を見ていきたい。 山頭火は今の日本だったら絶対に生きていけなかった性格破綻者であるが。 彼の俳句や日記を読むとその自由な精神に癒やされる思いがする。 とはいえ山頭火が楽しく生きたかといえばそんなこ・・・

よく生きるために死に方を学ぶ 人間臨終図鑑からコロンブスの死に様を見てみた

死の周辺 臨終図鑑

父の死があって、死についても見つめていきたいとおもう今日このごろである。 肉親の死がこれほど衝撃的だとは私も思っていなかったんで。 われながら驚いている。 それと自分の死も意識に上ってきている。 人間は本来120歳までは・・・

父の葬式②葬式は大変だが価値ある儀式 長生きするために必要な成分(サプリ) 利己遺伝子の話など

臨終図鑑

葬儀について 田舎から帰ってきてはじめて更新した記事はこちら。 父の葬式① 今回父の葬儀をやってみて改めて思ったがお葬式は価値ある儀式だ。 私は様々な儀式を踏むことによって大切な肉親と別れる悲しみを受け入れることが出来た・・・

勃起とエロティシズムと死 これらについて考えてみた 禁忌を犯す快感

愛と雑学のブログ 臨終図鑑

最近父親がかなり危なくなっていてついに食事が喉を通らなくなって寝たきりになってしまった。 これからどのくらい生きられるのかわからないが。 せいぜい数ヶ月だと思う。 人は生まれた瞬間から死に向かって歩き始める、と言ってた人・・・

ページの先頭へ