「サプリ・薬の探し方・選び方・問題点」の記事一覧

アフィリエイトの闇 じじいから始めるネットの勉強はハードルが高いが世界を広げる上では役に立つ

グーグル検索関連 偽情報・検索の仕方など

アフィリエイトの問題について引き続き書いてみたい。 前記事はこちら。 iHerbの神対応が素晴らしい サプリ購入の決めてはエビデンス 購入者の利益とアフィリエイトの兼ね合いとは サイトを運営するのはいろいろと危険ですね。・・・

iHerbの神対応が素晴らしい サプリ購入の決めてはエビデンス 購入者の利益とアフィリエイトの兼ね合いとは

ジェネリック医薬品 個人輸入代行会社 偽情報・検索の仕方など

ついこの間のことだが。 iHerbから収益の振込が間違って2回行われた。 そのことについてiHerbから連絡がきて、それをどうやって戻すのかということで少しもめたんだが。 今回はそんなことから考えたこととか、アフィリエイ・・・

今までサイトを作ってきて明らかになったことをまとめてみた なぜ海外サプリが国産より優れているのか?日本の薬の素晴らしさ 購入先はほぼ2つで決まり!!

サプリ・薬の探し方・選び方・問題点 効果がない成分 薬・サプリのコスパ比較 輸入医薬品・サプリ

じつはタイトルと全然違うこととを書き始めたんだが。 そのことを書く前に別な内容で一杯になってしまった。 今回書こうと思ったのはiHerbとのやり取りで、iHerbの対応がとても素晴らしかった、ということであった。 しかし・・・

テストステロンを増やすためのアナボリックステロイドは有効か?危険度は?⑤副作用とその歴史 エナント酸テストステロン深掘り

アナボリックステロイド サプリ・薬の探し方・選び方・問題点

アナボリックステロイドを調べていると今まで私が知らなかった様々な薬が眼前にでてくるので、面白い。 アナボリックステロイドを使うほどの方なら、薬のことは詳しいようだ。 なんだか様々な薬を使っている。 どう考えても危ないもの・・・

週刊新潮の「危険な食べ物」がエビデンスを無視した危険な記事だとライバルの週刊文春が”根拠なしのデマ記事”だとぼろくそ批判 笑えた(*^^*)

偽情報・検索の仕方など 食品

最初に。 今回はほとんど引用の記事ですのであしからず 前に週刊新潮なんかの「危険な食品」について書かれた記事について批判をする記事を書いた。 あまりにも無茶苦茶だったんで、我慢ができなくて私も批判をしたんだが。 週刊新潮・・・

テストステロンを増やすためのアナボリックステロイドは有効か?危険度は?③【超オススメ】テストステロンエナント酸で安全に筋肉増強が可能だった!

アナボリックステロイド サプリ・薬の探し方・選び方・問題点

この記事は前記事の続き。 テストステロンを増やすためのアナボリックステロイドは有効か?危険度は?②プロビロンの効果を調べてみた   薬の使用に抵抗がある方へ 今回調べているアナボリックステロイドについては、それ・・・

テストステロンを増やすためのアナボリックステロイドは有効か?危険度は?②プロビロンの効果を調べてみた

アナボリックステロイド サプリ・薬の探し方・選び方・問題点

最近今までまったく試したことがなく、興味もなかったが、アナボリックステロイドを試してみようかなと思った。 そして調べ始めたら魑魅魍魎の世界だね。 一週間ばかりいろいろと調べてみてとりあえず試すことを決めたんだが。 前回に・・・

週刊新潮『食べてはいけない「国産食品」実名リスト』やアサ芸「死の食品」の記事の嘘 エビデンスに基づかずに危険を煽る記事こそが危険だろう!!

おすすめリンク・書籍など 偽情報・検索の仕方など

危険を煽り、逆に食卓に危険を呼び寄せる添加物危険説 松永和紀さんのTwitterに加熱していない肉についての警告があった。 微生物の食中毒はほんとうに怖いです。妊娠している人や子ども、高齢者、疾患を持つ患者さんはやっぱり・・・

月1万円で体全体を網羅して効果があるサプリの選び方 スマドラも精力剤もビタミン・ミネラルも抗酸化物質も全部入れて・・・①

おすすめの薬・サプリ サプリ・薬の探し方・選び方・問題点

前記事で書いたが。 私もいよいよ次の段階に行くことにした。 さすが1年間記事を書いてきたんで。 いろいろと分かってきたし。 個別にはまだ検討していく必要もあるけれども。 ひどいサプリはわかるようになってきたんで。 今後は・・・

サプリメント会社は嘘をつく  栄養補助食品健康教育法の弊害とそのだましに載せられない方法

サプリ・薬の探し方・選び方・問題点

サプリや薬は私達の健康や様々な昨機能保持に大変な役割を果たしてくれる。 ED治療薬はその最たるものの一つで。 私自身非常に重宝している。 もしED治療薬がなかったら恋人はできなかったろう。 SEXのことを考えるのがいやら・・・

ページの先頭へ