今回はグルタチオンについて調べてみる。
私はグルタチオンについては知らなかったんだが、ウコンやその他精力剤成分を調べていくうちに見つけた。

ウコン(ターメリック)の効能を徹底的に調べてみた クルクミンの効能とは 二日酔いに効果なし!肝臓には効かないってほんと?

皆さんグルタチオンって何?と思っている人もいらっしゃると思う。

しかしこれがなかなかの優れもの。
どうもグルタチオンには確実な効果があるようである。

それでこの成分については効く効かないの熱い議論があって、面白かった。

マリちゃん静止画1

ガッチャンが面白いっていうなんて珍しいわね。いつも調べるのが大変だって言ってるのに。


がっちゃん静止画1

まだざっと見ただけだけど。すごい成分なんだけど、問題もあるようなんだ。それで意見が別れてて、面白いんだよな。

グルタチオンって何?

グルタチオンは、1921年に、イギリスの生化学者であるホプキンズによって発見されたものだが、動物、植物、微生物の組織内(細胞)に含まれていて、自然界には広く分布しているものだ。

人間の場合は、主に肝臓や皮膚、目の水晶体や角膜に多く含まれている。
多くは肝臓で生成されたものが血液によって全身へと運ばれているが、紫外線や加齢の影響を受けやすく、年とともにグルタチオン濃度は少なくなっていき、老化を早める。

グルタチオンはトリペプタイドと呼ばれるもの。
トリペプタイドとはアミノ酸が3つつながっているもの。グルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からできている。

グルタチオンは還元作用が高いチオール基を含んでいる。還元とは、酸素と結び付いて酸化した物質を元の状態に戻すことで、チオール基は還元作用をもつ水素を含んでいる。それにより体内の活性酸素を還元し、毒素と結合して外に出すことで細胞を解毒する。

グルタチオンの生理的機能は多々あるが、主要な機能は大きく2つに分けることができる。
ひとつは細胞内のチオール環境を維持することである。チオールは生体内の主要な抗酸化成分である。グルタチオンは自らのチオール基を用いて過酸化物や活性酸素種を還元して消去する。また、タンパク質中のジスルフィド結合を還元して2つのチオール基に戻す。更に、グルタチオンは細胞のシステイン源でもあり、システインはチオール基を含む。
もうひとつの主要な生理機能は、様々な毒物・薬物・伝達物質等を細胞外に排出することである。グルタチオンはこれらの物質を、やはりシステイン残基のチオール基に結合させ(グルタチオン抱合)、自ら細胞外に排出されることで、細胞を解毒する。(ウィキ)

ということで非常に効果があるようなんだ。
というのもグルタチオンは分解されにくいため、体内で長期間働くことができる。

またグルタチオンには、還元型と酸化型の2種類が存在するが、生体内の大半は還元型なので常に活性化酸素を還元できる。
なぜそうなるかというと、還元型グルタチオンが活性酸素と結び付くことで、酸化型グルタチオンに変化するけれど。
酸化型を還元型に誘導する酵素(グルタチオンレダクターゼ)によって再び還元型に誘導されるから。

だから体内には常に結構な密度で還元型グルタチオン存在していて、体を傷つける活性酸素を無力化し、毒素を排出させ、体の健康を維持してくれる。

今までいろんな精力剤の成分を調べてきたけど。その効果がここまではっきりしている成分もそうはないよね。
なので以下のような効果が期待されているんだそうな。

老化防止
アルコール性脂肪肝予防
肝機能障害予防
当然二日酔い防止
放射線障害予防
白内障進行防止 
美白効果
酸化型ビタミンC)を還元型ビタミンCに戻す働き

なかなか素晴らしいよね。

 

 

 

 

グルタチオンは口径摂取すると効果がないってほんと?

ただグルタチオンは年齢とともに減っていくものなんで、サプリで取り入れたいところなんだが、このグルタチオン。
サプリで取り入れると、最終的に小腸では分解された状態で吸収されるんで、全く効果がないと言う説がある。

2hで議論してたものを読んでてとても面白かったんだが。
それは長いので最後に引用するとして。
いずれそのままサプリとして摂取してもなかなか効果が出ないというのは事実のようである。

昔はサプリで服用してもまったく効果がないと言われたそうだが、今ではある程度はグルタチオンのまま体内で働くということだし、様々な改良が加えられて、経口薬でも効き目があると言われているようである。
その議論については最後に引用しておくけど。

私が思うにはこのグルタチオン。

日本では医薬品として認められていて、その効果には太鼓判が押されているんである。
大体の病院ではその認められている「タチオン錠」が処方されている。

つまり経口薬でも医薬品であれば効果はあるということだ。
ただ症状が現れていない限り病院で処方してくれることはない。
私が行きつけのやぶ医者は親しいんだけれど、痩せ薬くれとか言っても処方してくれなかった。
国民皆保険と言うのはありがたいものでは有るが、予防薬は処方してくれない。

健康のためだけ、というのであれば、何処かから購入するしか無いが、日本では医薬品扱いなんで、手に入れることはできない。
しかし輸入代行サービスでは、「タチオン錠」を購入することもできるし、そのジェネリックランデールチオン錠100mgも購入できる。

ジェネリックでは私が見つけた買えるところとしては、

ランデールチオン錠100mg:100錠 2640円

が売られているショップがあった。

同じショップでタチオン錠100mg:120錠(15錠×8)を購入するとするとすると5950円であった。

医者が処方してくれれば保険が効くので3割負担として1785円。
ジェネリックよりは安いが、健康のためだけに処方してくれるわけもないから、ジェネリックを購入しても800円ほど割増になるだけなんで。
診察料も入れたらランデールチオン錠100mg:100錠 2640円を個人輸入代行サイトで購入してもお得だと思う。

ただわけがわからないショップで販売している医薬品は偽薬ということが考えられる^^;
上記サイトで医薬品の画像で表裏を表示しているのは偽薬でないというアピールをしているのである。
そしてやっぱり安いと思う。
私はなんだかよくわからないものを買うことに抵抗はないので。
今、とりあえず注文をしてみた。

どうなるのか、その報告はまた後日してみたい。

追加報告

注文したランデールチオン錠100mg:100錠 2640円は無事に届いた。
対応もきっちりしていて好感が持てる。

ちゃんとしたショップで安心をした。

ただしショップ内は商品説明などがきちんとなされておらず、商品知識を持ったうえでサイトを活用するべきなので、当サイトではあえて推奨はしない。
また姉妹ショップがあってそちらのほうがサイトはきっちりしている。
医薬品に関しては私が調べた限りでいうと、他サイトよりも安いと思う。

信用が置ける中での最安値として私が推奨しているオオサカ堂でもiHerbでもタチオン錠やランデールチオン錠は販売してなかったけど。 医薬品に関してはそれなりに充実している。

オオサカ堂で代行してもらえない日本の薬を処方箋なしで購入したい場合。選択肢に入れておくのもよいと思う。

おすすめサプリ

LypriCel GSHが必要な理由…

体内の細胞にはGSH (グルタチオンスルフヒドリル)が必要です。細胞のGSHが枯渇すると、細胞は死んでしまいます。加齢とともに体内でのGSH産生力は大きく減少します。そしてそれは健康的な心臓、脳、目、肝臓、腎臓、脾臓、関節を維持する細胞機能に悪影響を与えます。一般的な経口用GSHサプリメントは、体内の消化器官で破壊されてしまいます。 – しかしLypriCel GSHは違います!

LypriCel GSH:

  • 有害な遊離基から細胞を保護する補助役
  • 健康的な肝臓をサポート
  • 最適な細胞の健康をサポート
  • 健康的な免疫機能をサポート

リポソーム輸送システム

一般のサプリメントは消化器官で破壊され、ベネフィットを提供せずに体外に排出されることがあります。LypriCelは必須リン脂質から作られるリポソームを使用し、活性栄養素形状の破壊を食い止めます。私たちの栄養素が詰まったリポソームは吸収層を迂回し、血中と細胞内に届きます。 – 無傷ですぐに利用可能な状態で。

¥6,702

または。

 

抗酸化サポートの持続リリースグルタチオン

  • 体の各細胞にあるグルタチオンは、体で最も重要な抗酸化と解毒要素です
  • グルタチオンは肝臓、脳、心臓、肺と目の健康をサポートします
  • 持続リリースマトリクスが胃酸から守ります

グルタチオンは全ての人体細胞で自然に発生し、解毒作用に関与する数々の酵素の共同因子です。抗酸化物質としてグルタチオンは、直接いくつかの活性酸素種(フリーラジカル)を抑制します。体の無数の構造と機能は、グルタチオンの通常レベルを維持することによって、肝臓のサポート、肺の健康、免疫機能、腸の健康、炭水化物代謝、心臓血管の健康、認知機能の健康、目の健康などのメリットを得ています。

肝臓は体内でグルタチオンを最も多く蓄えています。強力な内因性抗酸化物質であるグルタチオンは、肝臓の解毒のフェーズ I 及びフェーズ IIに不可欠です。残念なことに、肝臓の健康を害するライフスタイルが、肝臓のグルタチオンを大幅な減少に繋がります。

特に高齢者の認知機能をサポートするために、グルタチオンの最適なレベルの維持が重要になります。加齢の通常のプロセスは、グルタチオンの働きの減少による酸化作用の増加に伴っています。認知機能が低下している人は、グルタチオンが最適なレベルを下回っていることが観察されています。逆に、100歳以上の人は大抵より高いグルタチオンの働きを有しています。

グルタチオンを口から摂取すると吸収が悪いとよく誤解されています。しかし、特定の取り込み系により腸上皮全体に効果的に吸収されることが重要なデータから確認されています。

グルタチオン-SRは画期的なグルタチオンサプリメント製品です。経口摂取されたグルタチオンの吸収は、グルタチオンをアミノ酸に分解する胃酸や十二指腸の酵素の影響を受けます。しかしながら、グルタチオン-SRは持続リリース形状で、胃酸と消化酵素から守り、この必須栄養素を血中により遅く、より安定した量をリリースします。

¥4,570

それとも

臨床的なグルタチオンは独自の特許取得済みプロセスによって保護されています。ヒトの研究では、保護されていないグルタチオンと比較して、健全なグルタチオン比が230%改善されたという比類のない報告がされています。

臨床的なグルタチオンは、保護されていないグルタチオンよりも血液比の改善が230%優れています。

¥5,902

 

追記

なおグルタチオン摂取に関しては私の中では決着がついて、グルタチオンそのものではなくて。
他の成分を合わせて摂取することによってグルタチオン濃度を上げられることがわかったので。
現在はそれを試している。

ご興味ある方はご覧いただきたい。

最強抗酸化物質で、グルタチオン濃度を増やせ!勃起の前に体の強化を!全く効果がないサプリはどれだ!!

追記2018-04-19

グルタチオンの前駆体だるアセチルシステインが最も効果があるようである。

最強!N-アセチルシステインの性質と効能について グルタチオンの前駆体としての優れた働きとは

N-アセチルシステインは、硫黄アミノ酸L-システインの安定した形態であり、強力な抗酸化物質です。また、主要な抗酸化物質であるグルタチオンの前身でもあります。グルタチオンは、体内で最も重要な抗酸化酵素の一つ、グルタチオンペルオキシダーゼ()レン含有)によって活性化されます。 N-アセチルシステインは、消化中に分解し効力を失う可能性があるグルタチオンのサプリメントよりも優れています。

カルシウム 58 mg
N-アセチルシステイン 1g

¥2,698 一日のコスパ ¥2,698÷120日=22円強 3倍弱増

 

 

2h激論

グルタチオンに限らないが、多くの成分が、吸収が悪いとか、すぐに排出されるとかで、本来の効果が得られない。
おすすめサプリの商品説明にも書いてあったが、どうしたら効果的に吸収されるのか。
工夫されたものが多い。
それでも果たして効果があるのかわからない部分も多い。
ともかく理詰めで調べたうえで、実際飲んでみて効果を確かめるしかないというのが正直なところ。
さまざまな試行錯誤の過程をそのまま書けるようなサイトにしていきたい。
以下は2hの引用。高がサプリで結構熱く議論してて、笑えた。

 

名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 00:35 ID:8PD002mVどうでしょうか? 
コエンザエムQ10とかヒトホルとか摂取してまぷ。 
ビタミン系は天然から作られたビタミン剤を摂取してます。吸収良い 
そうです。(マルチビタミンです。) 
単品のビタミン剤では 
相互作用がないので水溶性ビタミンだったらあんまり効果ないそうです。 

932 :ビタミン774mg:2006/02/03(金) 10:25:28 ID:???グルタチオンなんか飲んでも意味ないぞ 

933 :ビタミン774mg:2006/02/03(金) 15:30:55 ID:???ありますが何か? 
俺は医者に医療用グルタチオン貰ってるよ。 
最近の初心者はぐぐるってことを知らないようだが。 
ちゃんと経口摂取において効果が認められている。 

934 :ビタミン774mg:2006/02/03(金) 20:22:02 ID:???>>928の発言の痛々しさは正視に耐えない。 

935 :ビタミン774mg:2006/02/03(金) 20:26:22 ID:???グルタチオンがこの板の住人には相手にされていないことも、 

http://food6.2ch.net/test/read.cgi/supplement/1131716799/l50 

を見るとよく分かるw 

936 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 00:56:19 ID:???グルタチオン 
http://ja.wikipedia.org/wiki/GSH 

あれ?オキシカインは? 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5:Search?search=%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%B3 

937 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 14:18:59 ID:???>>780 

938 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 16:03:41 ID:???>>936 
一般名称と商品名の区別も付かないアフォですかw 
この程度の知識でわかったような事を言うから馬鹿にされるんだよ 

939 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 21:12:29 ID:???グリソディン 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5:Search?search=%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3&go=%E8%A1%A8%E7%A4%BA 

GliSODin 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5:Search?search=GliSODin&go=%E8%A1%A8%E7%A4%BA 

940 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 21:21:46 ID:???まあグルタチオンを飲んでも意味無いとかその程度の知識でわかったような事を言うから馬鹿にされるんだよ 
http://www2q.biglobe.ne.jp/~kazu920/698.htm 
http://health.nikkei.co.jp/navi/data/data_42.cfm 

941 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 21:25:16 ID:???>>940 
問題は吸収されるかどうかだと思うよ 

942 :ビタミン774mg:2006/02/04(土) 21:49:39 ID:???グルタチオン自体は重要な抗酸化物質なんだけどね。 
それをそのまま飲んでも血中濃度は変わらないんだ。 
とはいえ、それでも飲んだことによる特殊な効能はある。 

でもふつうはそんな特殊な効能を期待してるわけじゃない。 
その意味で、オキシカイン/グリソディンははっきりと 
血中SOD濃度の向上が確認されている点で 
グルタチオン経口摂取とは比較にならない。 

だからオキシカインやグリソディンは注目されているが、 
グルタチオンのサプリはあまり注目されていない。 

943 :ビタミン774mg:2006/02/05(日) 08:57:15 ID:???>グルタチオンのサプリはあまり注目されていない。 
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&q=%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&lr=lang_ja 

944 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 00:00:22 ID:???>>943 
日本のサプリばっかしw 
経口摂取はまったく意味ないのにボッタクリ商法は止まるところをしらないなwww 

Don’t look to expensive supplements containing glutathione to boost levels of glutathione in the body. 
While dietary forms of glutathione appear to be efficiently absorbed into the blood, 
the same does not appear to be true for glutathione supplements in humans. 
When healthy subjects were given a single dose of up to 3,000 mg of glutathione 
researchers found there was no increase in blood glutathione levels.11 
The authors of the study concluded “it is not feasible to increase circulating glutathione 
to a clinically beneficial extent by the oral administrating of a single dose of 3 g of glutathione.” 
In contrast, blood glutathione levels rose nearly 50% in healthy individuals taking 500 mg of vitamin C.12 
Vitamin C raises glutathione by helping the body manufacture it. In addition, to vitamin C, 
dietary sources of glutathione and several other nutritional compounds can help increase glutathione levels 
including N-acetylcysteine (NAC), alpha-lipoic acid, glutamine, methionine, and whey protein. 
Also, vitamin B6, riboflavin, and selenium are required in the manufacture of glutathione. 

945 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 00:41:49 ID:???In contrast, blood glutathione levels rose nearly 50% in healthy individuals taking 500 mg of vitamin C.12 

血中濃度50%上がるじゃん 

946 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 01:08:02 ID:???酸化作用について(US 特許 5925382、Biomed. & Pharmacother51:328 1997、in vivo12:229 1998) ボランティアの人にかき肉エキスを 1 日 6 粒飲用していただき、血液中のグルタチオン量を測定した。 
8 日間飲用してもらい、その後飲用を中止し、更に 7 日後の血液についても調べた。 
8 日間の飲用で、血中グルタチオンの量は約 1.5 倍にまで増加した。 

947 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 02:35:27 ID:???もう本当にオキシカイン厨はバカ揃い。 
確実に経口摂取による効果が認められているし。 
参考にもならない自分に都合がいい英語サイト出してるだけだ。 
中立な立場のNHKだってちゃんと説明しているし。 
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2005q2/20050525.html 

去年12月、アメリカで発表された論文(JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 2004, 52, 8151-8154)の中で、 
さまざまな野菜・果物の成分を分析した結果、アスパラガスに最も多く含まれる成分があることがわかりました。 
その成分はGSH=グルタチオン。 
グルタチオンは、人の体内でも生成されている強力な抗酸化成分で、細胞の酸化を防ぐ重要な役割を担っています。しかし、年齢とともに作られにくくなってしまうため、老化と深く関わる物質として今注目されています。 
ラットで調べたところ、このグルタチオンを食事で摂取した場合、グルタチオンによって体内の細胞の酸化が抑えられ、さらに神経細胞の機能が高まることが分かりました。 
グルタチオンを多く含有している食べ物は、アスパラのほかにレバーなどがあります。 

948 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 02:42:49 ID:???さらに馬鹿なのは>>944 
日本語で検索してるんだから日本のサイトがメインになるのは当然 
Glutathione Supplementで調べれば一目瞭然 
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&q=Glutathione+Supplement&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr= 

949 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 02:44:14 ID:???GliSODin Supplement 
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&q=GliSODin+Supplement&lr= 

950 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 10:02:59 ID:90f80Y7v>>945 
英語読めないんだねw 

951 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 11:18:49 ID:???まあNHKのソースで結果出たしな。 
やはりグルタチオンがよさげ。 

952 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 15:33:03 ID:DsgH+RHY別にGlutathioneを経口摂取しなくても、 
ALAの作用で体内のグルタチオン濃度が上昇するのでは? 

953 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:04:33 ID:aT1e18431. グルタチオンとSODはまったく別の抗酸化物質/抗酸化酵素である。 
 対応する活性酸素も異なる。両者ともに非常に重要な抗酸化物質/酵素であって優劣はない。 
2.グルタチオンは食品にも含まれており、マウスに経口摂取させた場合には血中濃度の上昇が確認されている 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=1913980&query_hl=5&itool=pubmed_docsum 
 しかしヒトの場合にグルタチオンをサプリメントとして経口摂取した場合、 
 血中濃度は上昇しない事が臨床的に確認されている。 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=1362956&dopt=Abstract 
 マウスとヒトのこの違いは、ヒトの場合、消化管内における酵素(gamma-glutamyltranspeptidase) 
 が経口摂取されたグルタチオンを分解してしまうためと考えられている。 
3. 研究者は、血中グルタチオン濃度を上昇させるには、グルタチオンそのものを経口摂取するよりも、 
 他のサプリメントを摂取する方がより効果的と考えている。 
 例えば、ある研究ではビタミンC500mgの摂取により50%の上昇が確認された。 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=8317379&query_hl=10&itool=pubmed_docsum 
 さらに、アルファリポ酸、グルタミン、メチオニン、SAMe、ホエイプロテインの摂取によって 
 グルタチオンレベルが上昇する事が確認されている。 

以上より、グルタチオンをサプリメントとして摂取するのは無知な馬鹿と結論づけることが出来る。 

954 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:15:46 ID:???わかってないバカだなあ。 
グルタチオンはいったん分解されてグルタチオンとグルタミンから新たにグルタチオンを作り出すんだよ。 
だから効果があるのに、ホント953みたいなのバカ杉。 
少しは調べてみろよ(w 

955 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:17:11 ID:aT1e1843>>945 
ビタミンC摂取の場合(上述) 
>>946 
『かき肉エキス』(爆 
>>947 
ラットの場合(上述) 

以上、反証終わり(禿藁 

956 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:19:19 ID:???なんで医療用グルタチオンがあるのか考えられないアフォが1匹いるようですね 

957 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:19:41 ID:???>>954 
>グルタチオンとグルタミンから新たにグルタチオンを 

グルタチオンはいったん分解されてもまだグルタチオンなんですかい 

958 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:20:38 ID:???<実験方法> 
6~8週齢のBalb/cマウス(体重:25~30g)に1.0mg/miceのオキシカインを毎日強制投与し、28日間飼育した。マウスは7日ごとに屠殺し、肝臓中のSOD活性を測定した。( n = 10 ) 

<結 果> 
オキシカイン投与群で肝臓中SOD活性の顕著な上昇が認められ、コントロール群との差は21日から大きくなった。 

マウス(笑 

959 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:21:22 ID:???>>956 
まあとにかくまともな反論してごらんよw 
あまりにレベル低すぎて話にならない 

960 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:22:00 ID:???<実験方法> 
6~8週齢のBALB/cマウス(体重:25~30g)に1.0mg/miceのオキシカインを毎日強制経口投与し、28日間の飼育後に屠殺して肝臓中の抗酸化酵素活性を測定した( n = 10 )。 
   
<結 果> 
オキシカイン投与により、肝臓中の抗酸化酵素(SOD、カタラーゼおよびグルタチオンペルオキシダーゼ)の活性が顕著に上昇した。 
  
<備 考> 
先行研究においては、酵素活性の誘導に数週間の摂取期間を要することが確認されている。 
抗酸化酵素はバランス良く上昇しないと却って酸化ストレスが増大することが知られている。 
オキシカインはSODの単純な取り込みではなく、生体の応答を利用するので、常に生体内で最適な抗酸化能力を発揮する。 
他の研究では肝臓以外の臓器での酵素活性も誘導されること(未発表データ)から、この作用は全身的なものと思われる。 

マウス(笑 

961 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:23:05 ID:???<実験方法> 
40週齢のBALB/c雌性マウスに30mg/kgのオキシカインを1日1回強制経口投与し、7日目にMeth A線維腫瘍細胞を2×106/miceの濃度で背部皮下接種して経過を観察した。( n = 6 ) 
   
<結 果> 
コントロール群では40日目に全数が死亡したのに対し、オキシカイン投与群では全数が生存していた。 
また、オキシカイン投与により腫瘍体積の減少、NK活性およびCTL※活性の上昇が確認され、生存の根拠が得られた。 
また、オキシカイン投与によりCD8陽性T細胞が増加したことから、顕著な抗腫瘍効果は免疫を介した作用であることが示唆された。 
※CTL:細胞障害性T細胞 
<備 考> 
7週齢の若齢担がんマウスに対しても同様な結果が得られ、3mg/kgでも生存延長効果が確認された。 
また、SODそのものに殺がん作用は無いので、免疫機構の介在はリーズナブルな結果である。 

マウスのオンパレード(大笑 

962 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:26:11 ID:???<背 景> 
オキシカインは抗リウマチ薬(注射薬)であるオルゴテインのメカニズムを応用したものであり、 
抗酸化作用のみならず抗炎症効果が期待される。 
  
<実験方法> 
6~8週齢のC57/BL-6マウス(体重:25~30g)を10匹×3群に分け、 
プラセボ、コントロール物質(加熱失活したオキシカイン)または5mgのオキシカインを28日間経口強制投与した。 
飼育期間終了後に300 IUのIFN-γを腹腔内投与して腹腔マクロファージを活性化させ、回収したマクロファージにIgG1 IC(抗原抗体複合体)を24時間感作させ、 
産生されたサイトカインを測定した。 
  
<結果及び考察> 
オキシカインの摂取により、炎症性サイトカインであるTNF-αの産生は低減し、 
抗炎症性サイトカインであるIL-10の産生は亢進した。 
また、この傾向は抗原抗体複合体を認識した際により顕著になった。 
よって、オキシカインは異物を認識した際の抗炎反応を抑制することが確認された。 
リウマチでは関節内で産生するTNF-αにより症状が増悪することが明らかにされており、 
TNF-αの抗体により中和する治療法も存在することから、オキシカインはオルゴテイン同様、 
リウマチに対する効果が期待できる。 

いやーすごい効果だなあ(棒読み 
オキシカインてマウス用の薬だったんだね 

963 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:28:19 ID:???100%の純酸素に長時間さらされると重篤な酸化ストレスを引き起こすことが知られている。 
32%程度に酸素濃度を高めた空気を加圧して呼吸するスキューバダイビングなどでも 
「心臓移植時の虚血再灌流」に匹敵する強い酸化ストレスを受けることが明らかになっている。 
  
<実験方法> 
十分に経験のある健康な若い男性ダイバー20人から10人を無作為抽出し、 
1,000mgのオキシカインを含むカプセルを1日1回摂取してもらい、残りの10人には 
外見上も判別できないプラセボのカプセルを摂取してもらった。14日間の摂取後に 
純酸素の加圧チャンバー(2.5ATA相当)へ30分×2回入り、直ちにコメットアッセイを 
始めとする分析用の血液を採取した。 
オキシカインを2週間摂取することにより、高圧高濃度酸素の酸化ストレスによる 
白血球DNAへのダメージが軽減され、脂質過酸化の指標である血中イソプロスタン濃度が 
減少した。酸化ストレス負荷前からオキシカイン摂取群のデータが低下傾向を示すのは、 
2週間のオキシカイン摂取により既に抗酸化能力が向上している可能性を示している。 

964 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:30:00 ID:???なるほど、グルタチオンの実験が全部マウスだから、 
オキシカインのマウス実験と比べたいわけねw 

965 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:33:54 ID:???10人てあるあるレベルだ(苦笑 

966 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:35:54 ID:???効果が「ない」と実証されてしまった経口グルタチオンサプリって・・・ 

967 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:37:40 ID:???>>954 
素朴な疑問なんですが、 
グルタチオンを経口摂取した場合、 
いったん分解されてそれからまた新たにつくり出される、というのなら、 
なぜ経口摂取した場合に血中濃度は上昇しないんでしょうか? 

968 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:39:25 ID:???http://mid.cc.kumamoto-u.ac.jp/data.php?record=1838400 

969 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:41:08 ID:???>>968 
経口摂取の意味、わかってますよね? 
ちなみに、医療用の経口グルタチオンは、「タチオン錠」ですよw 
その効果効能をよく見た方がいいと思いますけどwww 

970 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:42:39 ID:???ネットワーク系抗酸化物質とはビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、グルタチオン、 
そしてα-リポ酸である。われわれの細胞は脂質でできた細胞膜に覆われており、 
脂溶性抗酸化物質のビタミンE、CoQ10は主に細胞膜上で、水溶性抗酸化物質の 
ビタミンC、グルタチオンは細胞内や血漿中で働く。α-リポ酸は水にも脂質にも 
なじむ特異な物質で、細胞内外のどこでもラジカルを補足することができる。 
また、これら抗酸化物質はラジカルを補足することで自らもラジカル化してしまうが、 
リポ酸はこれらラジカル化した抗酸化物をも還元する。さらに自らが酸化した場合、 
自己を還元再生できるという驚くべき機能を有している。ネットワーク系抗酸化物質の中で 
最も重要とされているのがグルタチオンで、この水溶性抗酸化物質は細胞内に高濃度で 
存在している。グルタチオンの体内レベルが低下すると身体は本来の機能を失いやすくなり、 
老化や疾病に大きく傾くことになる。グルタチオンは3種のアミノ酸、システイン、グルタミン酸、 
グリシンから体内で合成されるが、グルタチオンそのものを経口摂取しても、そのほとんどが 
腸でもとのアミノ酸に分解されてしまう。α-リポ酸には、体内のグルタチオン量を増加させる 
機能もあるのだ。 http://www.j-sup.com/bible2/253.htm 

971 :ビタミン774mg:2006/02/06(月) 17:54:29 ID:???グルタチオン濃度を高めたいなら、APCCという乳清タンパク製品もいいかもしれない。 
ホエイプロテインの一種だけど、グルタチオン濃度を高めるために 
注意深く製造されたものらしい。 

なお、この会社のサイトにこんな記述がある。 

—————————————————— 
 Q5.“グルタチオン”或いは“シスチン”と表示されたサプリメントを 
 摂取していますがAPPCとの違いは何ですか? 

グルタチオンは細胞内で作られることにより意味を持つものです。 
 グルタチオンを経口で摂取しても吸収されませんし、 
 血流で全身に循環する以前に胆汁を経由して肝臓で除去されてしまいます。 
 シスチンも同じく経口では吸収されません。 
 しかしAPPCに含まれる「乳清アルブミン」「アルファーラクトアルブミン」「ラクトフェリン」という 
 3つの生物学的活性を持ったプロテインは、システインを細胞に運んでグルタチオンを 
 合成する働きをします。つまりAPPCは細胞内でグルタチオン濃度 を上げる為に理想的かつ 
 効果的な食品のひとつと言えます。 
———————————————————– 

個人的には、APCCに限らずCFMのような方法を用いて低温で製造されたホエイプロテインなら 
このAPCC同様にシステインの生体内活性を維持していると思うけど、 
グルタチオン濃度の向上が確認されているわけではないし、 
システインが生体内活性を失っていないかどうかは調べようがない。 

972 :ビタミン774mg:2006/02/08(水) 09:28:28 ID:jAX+/+SU経口投与じゃ効果が無いのに病院で処方されるグルタチオン 
オキシカインもググったらこんなの出てきた 
ttp://hidekihorie.hp.infoseek.co.jp/yasai/nikki.htm 
グルタチオンもオキシカインも実際に飲んだ、飲んでる人、どれを飲んでどんな効果があったか教えて下さい。 

973 :ハマの大ひ魔人:2006/02/09(木) 00:39:00 ID:36LKdIoCS社のグルタチオンを100mgx25日飲んだけど効果は確認できなかった。 
量x期間が足りなかったのかねえ? 

974 :ビタミン774mg:2006/02/10(金) 19:36:01 ID:LRG7sJqAグルタチオンって、LEFでは売ってないから何でだろと思ってたが、 
やっぱりそういうことか。 

効果ないものは売らないよね、LEFみたいな所は。 

975 :ビタミン774mg:2006/02/11(土) 00:34:39 ID:???アホウですか? 
もしかしてLEF信者? 

976 :ビタミン774mg:2006/02/11(土) 01:57:31 ID:???>>975 
プゲラッチョ 

効果ないグルタチオン死ぬまで飲んでろやwww 

977 :ハマの大ひ魔人:2006/02/11(土) 11:40:17 ID:QSnlWQRs結局このスレにはグルタチオンの効果を感じた人はいないの? 
プラシーボ効果すら与えられないのかい。 

978 :ビタミン774mg:2006/02/11(土) 16:00:23 ID:???グルタチオンもオキシカイン飲んでたけど効果感じられなかったからやめたよ 

979 :ビタミン774mg:2006/02/11(土) 16:01:19 ID:???結局一番効いたのはビタミンCだったさ 

980 :ビタミン774mg:2006/02/11(土) 16:49:17 ID:???で、結局何が効果あるの? 
CQ10って賛否両論あるし、αリポも効果はあるの? 
ビタミンで無難?