ジェネリック医薬品とは

マリちゃん静止画1

ガッちゃんジェネリックって最近良く聞くけどどんなものなの?

がっちゃん静止画1

ジェネリックは通常の薬と成分が変わらないのにとても安いからぜひこの際詳しく知ってほしいね

ジェネリック医薬品は日本では「後発医薬品」と呼ばれている。ジェネリック(generic)ってのは「商標登録されていない」という意味で、開発メーカーの作った薬とほぼ同じものなんだけれど、ノーブランドなんだよね。ものは同じだけどブランド名は使えないという。無印商品みたいなもの。

マリちゃん静止画1

なるほど

薬は特許によって開発した会社の権利が厳重に守られていて。
特許が生きている間は同じ成分の薬を作ることが禁止されているんだ。というのも新薬の開発には膨大な時間とお金がかかるのでその経費の回収が見込めないと新しい薬を作る人がいなくなっちゃう。だからすぐに真似されたんじゃ困るんだよね。
25年とかそういう長い間特許で守られているのはこういう理由からなんだ。

それが切れて誰でも作れるようになった時、別の会社が同じ成分で製造して売り出された薬がジェネリック医薬品というわけ。
ただどんな薬でも、特許が切れたら他の会社が製造するかと言えばそんなことはない。
特許で守られている長い期間にもっと効果的な薬が開発されたり、逆にその薬に問題があることがわかったりすることもあるから。
特許期間という、時間の流れの中で淘汰されたあとに作られたジェネリック医薬品は逆に信頼ができるとも言えると思う。

ジェネリックが安価な理由

開発した人たちは大変な労力を費やしてその成分が安全かどうか、またどの程度効き目があるのかを臨床実験をして確認しなくちゃいけないけど、あとから同じ薬を作る会社は有効成分や製法・安全性などはわかっているので、当然開発コストを押さえることが出来るよね。
だから安い単価で販売することが出来るわけなんだけど。
それ以外にどの製薬会社でも作ることができるということは。競争原理が働いて値引き競争も当然起きるわけなんで。
結果。安全で効果が確かな医薬品をさらに安く購入できることができるようになる。

ジェネリックが安全な理由

日本で販売されるジェネリック医薬品はオリジナル医薬品の成分を参考にしたうえでかつ日本の薬事法に則って作られているんだよ。
厚生労働省の定める多種類の実験を行い、その効き目や安全性がオリジナルと同じであることを証明し、その承認を得なくてはならない。
大変ではあるけれど、オリジナルを開発することに比べたら楽勝だし、承認を得たものは国が保証していることになるからその安全性と効果は折り紙付きってことになる。だから安全だと言いきれるんだ。日本ではそれに医者に処方されたあとで薬局で購入するのが一般的だから更に安全といえる。
これと同じ理由で、海外で作られているジェネリック医薬品も各国で定められた基準に沿って作られ、その国が承認した薬だけが販売されているので、正規販売店で販売されているものに関しては安全だと言って間違いない。・・・・・と思う^^;

タミイ静止画1

安くて安全なら絶対にジェネリックのほうがお得よね

それなのに日本で普及していない理由

しかしこれほど魅力的なジェネリックだけど、日本ではあまり普及していない。
OECD(経済協力開発機構)の2011年のデータ(古い^^;)を元に作った、世界各国のジェネリック薬の普及率グラフを観ても先進国の中ではかなり低い。

引用元:http://medjp.com/mondai/world-generic.html

日本では外国に比べ、はるかに保険制度が充実しているから。基本的な病気に関しては保険の適用が受けられる。
そのため薬の自己負担金額が元々多くない。
だからジェネリックに変えてもそれほど安くなったと感じられないことが理由の一つ。
またジェネリックを販売している、あまり知られていない会社よりはオリジナルを開発した大手メーカーのほうが安心ではないかという。
根拠のない、日本人特有の性癖もあってもあってか、ほんの少しの負担増であれば、オリジナルの薬を使おうという人が多い。

 

なんでーー?

フィリピン人なら同じ効果があるんなら絶対に安いものを買うよ

ジェネリック購入は海外からの個人輸入がお勧めな3つの理由

融通がきかない日本の医療行政

保守的で海外の薬なんか危ないと思ってる多くの日本人でも、ジェネリックの多大な恩恵をうけられる分野というものがあるんだよ。
それは日本で作られていないED治療薬やダイエット薬、AGA(男性頭髪機能回復)治療薬などのジェネリック薬。

これらの有効な医薬品は日本では保険適用外なんだ。

①勃起不全という疾患が生命維持等に深く関わるものではない
②バイアグラは日常生活の質を高めるための薬に過ぎない
③また薬を使用する必要のない方が処方を求める場合が多い

というのがED治療薬を保険を適用しないことに関する厚生労働省の見解なんだが、海外では保険が適用されているというのに日本の役人は頭固えな!!大木金太郎かお前!(年がバレるジョーク^^;)勃起しないということがどれほどの精神被害を与えるのか、そういうことを一切考慮しない見解だね。保険が効かないから医者に行って薬を手に入れようとすると多額の出費になる。貧乏人は勃つなってえのか?

がっちゃんのED体験記

 

マリちゃん(泣き)

日本はい国だけど、色々と融通がきかないところもあるのね。

海外のジェネリック医薬品はどうなのか

①日本国内では手に入らない医薬品が手に入る

日本で保険の適用がなされない薬のジェネリック。しかも日本で販売されていない。

というジェネリック医薬品は個人輸入でしか手にはいらないんだよ。(もしくは実際に現地に行って買い付けるか)

例えば「開発途上国の薬局」と言われ、ジェネリック医薬品の製造が世界一のインド!


そのインド国内の製薬会社が製造するジェネリック薬を私たちは個人輸入することができる。
しかも特許が切れてもいないはずの薬のジェネリックが・・・・・
なぜ日本国内では存在しえないジェネリック薬をインドが製造販売することが出来るのか、といえば。
その理由は、それぞれの国家が主権に基づいて独自に制定している特許制度の違いにある。

例えば欧米や日本のような先進国は医薬品の①製造方法「製法特許」と②含有成分「成分特許」の2つを特許として認めていてその部分に関して特許出願から25年間有効なんだが。

例えばインドでは日本などとと違って含有成分を特許として認めていなくて製造方法のみが特許として認められている。

これがどういうことなのかというと。
成分がわかった段階で、オリジナルとは違う製法で同じ成分の薬を開発し、販売すれば、インドでは違法ではないということなんだ。
でも・・・正直成分さえわかれば、開発は簡単だよね^^;

こんなやり方で日本で薬を販売したら直ちに捕まってしまうけど、インドでは合法なので、オリジナルの医薬品と成分が全く同じ「なんちゃってジェネリック」が正々堂々と合法的に、格安で手に入るんだよ。

 

へえそうなんだ、日本で違法なものでもインドだったら大丈夫なんだね.

フィリピンと似たようなものなのね!

②安全な医薬品を手に入れることができる

そして当然合法だから日本と同じような基準で安全であると確認されている。
だから正規代理店で買う限りにおいては国による安全が保証されている。

③安い。

インドなどでは人件費や材料費が日本と比べて格段に安い。だから必然的に薬の製造コストも安くあがる。
東南アジアなどに行くと薬が安いことにびっくりさせられる。違法コピーとかで作られている薬もたくさんあるけどね。
でも正規代理店で購入すればそういう紛い物を掴まされる恐れもない。
ジェネリックは元々正規の薬よりも安いわけだけど、インドなどで作られた場合、更に安くなる。

マリちゃん静止画1

つまり海外のジェネリックを買えば、日本では販売されていないものも買えるし、しかも安全で安いということね。

がっちゃん静止画1

海外のジェネリックを買うことがどれほどお得なことか分かったかい?格段に安いから個人輸入しても日本で買うよりも安い値段で購入することが出来るんだよ

まとめ

海外ジェネリックが狙い目である3つの理由

ジェネリック医薬品は正規品と同じ成分で安全基準も満たしていて安全です。正規代理店で購入すれば安全なジェネリックを手に入れることができます。

また海外のジェネリック医薬品は人件費など製造コストが低いので、日本で作ったものよりもさらに安いです。

かつ日本では製造されていない医薬品も購入することができます。合法的に個人輸入で購入することができますから安心です。

現在は個人輸入代理会社がありますので海外の格安の医薬品を私達でも手軽に行入することができます。

個人輸入代行会社についてはこちら。

精力剤関連のおすすめ輸入代行会社2つ 日本のサプリは高すぎる! iHerbともう一つは?