このサイトは私がEDになってから復活して新しい恋人と 生活を始める中で、精力剤の効果を体感した経験。及び様々勉強をしていく中で価値があると思ったものの一部を記事にしています。
私自身の体験や考えについては以下の記事などを参照してください。

がっちゃんのED体験記

このサイトの歩き方について (2017年6月開設:第2改定)

 

トップページにこのサイトの概要と運営方針について書いておきます。

トップページ改定2018 年1月

サイトを立ち上げてから7ヶ月経ちました。今日は2018年1月30日です。

最初3ヶ月で100記事の目標でしたが、最初に作った固定ページも入れて、80記事台。
現在7ヶ月目ですが、固定ページ抜きで160記事。
2日で1記事以上のペースは書いていますが。
なかなかはかどらないのには理由がありまして。
調べるのにものすごく時間がかかってしまうんです。
嘘はもちろんですが、適当なことは書けないんので現時点での貧弱な知識レベルでできるだけ深掘りしようとするんですが。
専門家ではないので。わからないことなんかが続々と出てきて。悪戦苦闘しました。で
最近はネットだけで調べても埒が明かないことも多くて。
本を買って読んだりしていますのでなおさらです。

今回医療系グーグルアップデートというのが行われまして。
ステマ系のサイトや個人サイトの多くが飛ばされました。
病院のホームページや医療専門機関のサイトが上位に表示されれうようになって。
私のサイトも評価を下げられたわけですけど。

医療系サイトのグーグルアップデートで個人のサプリサイトは壊滅か?本当の情報を得たい人にとっては朗報

私の実感だと、アップデートが行われる前よりは有益なサイトを探しやすくなりました。
グーグルが検索する人の満足度を高めることを目標としているんだったらそれは私がこのサイトで追求しようと思っていることと同じですので。
全く問題がないです。
勿論グーグルのアルゴリズムはまだ十分だとはいえませんから。人間の評価とはまだまだずれがあります。
素晴らしい個人サイトも一緒に飛ばされていまして。
それは残念なことではありますが。

私としては本当はどうなの?という疑問なんかを深掘りして調べていくのは楽しいし、実際の私のリア充にもとても役に立っている、という。
まずは自分にとって役に立つサイトを作っていますので。
周りの評価は勿論大事だとは思いますが、ソレは自分ではどうしようもないものなんで。
そうやって調べてこれはと思って購入したまともなサプリや薬はほんとうに効果があります(^O^)/

なので仮に読者が少数であっても。
わたしとしては続ける意味があります。
とは言え最近はアクセスが伸び始めてまして、素直に嬉しです。

 

医療情報をネットで得る場合の注意点 検索で正しい情報にたどり着けない理由と医療系グーグルアップデートと専門家の怠慢について

わたしのサイトに訪れてくれた人が平均して2記事程度読んでくださっているのもうれしいですし。
検索じゃなくて直接ブックマークしてくれて訪れてくれる人も増えてきました。
まだまだ未熟なので申し訳なんですが、更に精進を重ねてこうやって応援そていただいている方々の満足を得ることが出来るように頑張りたいとおもっています。

無理せず自分のリア充のためにも頑張っていきたいと思います。

今回は最終改訂版かも

流石に7ヶ月も毎日毎日薬やサプリについてみていまして、大体の問題点が見えてきました。
また私が知りたい、解りたいということも大体わかってきましたので。
今まで適当だったカテゴリー分けなどをきちんとしてトップページもそれに合わせて変更します。

私の中で結論が出たものが幾つかあります。

①健康問題全般にシフト

このサイトは勃起関連サイトではありますが。
勃起の前提となる体の健康というところに興味がシフトしてきていまして。
勃起そのものに関する記事の割合が今後少なくなっていくと思います。
このことは前回改定時にも書いたんですが。
その後、スマドラやアダプトゲン、体に良い食べ物、運動についても興味が広がっていますので。
それぞれカテゴリーを作って記事を書いていこうと思います。
また、サプリや薬と関係なく、様々な体の仕組みについても調べていこうとおもっています。

神経伝達物質を伝える仕組みとは ホルモンとの違いは?スマドラ効果を調べる前の基礎知識をまとめてみた 

②役立つサプリを探す際障害になる問題に言及

本当に自分にあったサプリや薬・食事や運動などについてまともな情報をネット上で探すのはかなり大変です。
その理由は以下です。
1一つにはステマや誇大広告が蔓延しているため、選り分ける作業が必須です。
2逆に危険を煽るサイトも多く存在しますが、それも科学的根拠に基づいていないものが多いことがわかってきました。
3そもそも国のサプリに対する表示義務がザルなので、判断に必要な情報が得にくくなっています。
4国や医療団体製薬メーカーの都合で私達消費者の利益を踏みにじるようなことがたくさんあります。
こういうことが見えてきましたので。
私達が自分にとって役に立つサプリや薬が探せるよう、その障害となるさまざまな問題点についても記事にしていきたいと思います。

ED治療薬に関して偽薬情報を流す医薬品メーカーの狙いは合法で偽薬がなく、かつ1/20の値段で全く同じ成分のジェネリック外し!!

③精力剤ランキングについては完全にやめることにしました(^^ゞ
特に精力剤については国産は全く問題外です。
無意味に高くて箸にも棒にもかかりません。

本当に効く精力剤ランキングベスト7という。

サイト名は残します(^^ゞ
今更面倒なんで。

それにしても愛国者のわたしとしては非常に残念。
でも成分量表示もまともにして無いようでは検討する事もできません。
これは行政が放置しているという問題もあるんですが。
いずれにしろ似たような海外サプリの何倍もするサプリをいくら国産だからといって紹介できるわけがありません。
勿論自分でも買いません!!
しかも。

さまざまやってみた結果。
ED治療薬に勝る勃起薬はないとの結論に達しました。
(ED治療薬が効かない人は別ですが)

ジェネリックがある以上そこいらの精力剤よりもコスパが良いですし。
確実に効果があり、シアリスが前立腺肥大役として保険適用になっているぐらい安全。
となれば、無双でしょ。

シアリス(タダラフィル)は安全で毎日服用でき、ED 治療薬としてだけでなく、前立腺肥大や高血圧の薬として使えるってご存知でしたか?

天然の精力剤は基本、速攻性はなく、勃起能力の嵩上げという位置付けです。
どれが必ず良いとも言えないですし、成分それぞれ特徴があります。
また精力剤成分と言われているものには別の様々な効能を持っているものが多いです。
たとえばマカなんか。
精力剤としてだけ見ればそれほど魅力はありませんが。
栄養タップりで且つアダプトゲンとしてもその存在を認められています。

なので個別に成分の紹介をしていくことにしました。

もし複合サプリであれば、このサイトではテストジャック200をおすすめすることにしました。
そもそも精力剤として売られていなくても勃起能力を高めてくれるものはたくさんあり。
勃起を売りにしたものは同じ成分なのに高価になりがちです。
かつそれが複合されて精力剤として販売しているものはまず殆ど単体サプリで購入するよりも高いです。
よく調べたほうが良いと思うんですが。
テストジャック200は複合サプリでありながら単体成分サプリで揃えた場合とコスパが変わりません。
且つ有名所の成分が配合されていますのでもし取り敢えず、ということであれば良いかな、とおもっています。

精力剤は何を飲めば良いのか?最高コスパで最大の効果を上げるためのサプリ選び!私の場合

他にも様々変更があり、かつ今後も変えていくとは思いますが。
取り敢えず最低一年ぐらいはこれで行こうと思います。

あ、それともう一つ。
わたし練習で別のサイトも作っていたんですが。
それは更新を止めています。
それで、その中から、フィリピン関連の記事、それと英語の勉強についてですね。
それを書き換えた上でこちらのサイトに移そうとおもっています。
このサイトは勃起サイトであるど同時にまりちゃんとの交流を記すサイトにしようと思っていますのであしからず。

 サプリ選びの最低基準

「サプリ選び方の最低基準」という記事を書きましたんでそれだけ引用しておきます。

サプリ選び最低限チェック 3つプラスαだけなんで簡単ですが、驚くべきことに国産サプリのほとんどは表示していません。
国産でも医薬品は表示が義務付けられています。またアメリカのサプリは日本の医薬品と同じ表示が義務付けられています。

①成分表示が明確になっているか

成分量は適正か?

余分なものが入っているかどうかが確かめられるか?

②きちんと溶けるのか?

③加工方法はどうなのよ

サプリメントを選ぶときの最低基準を知っておこう 日本のサプリの成分表示は参考にならない!海外サプリに完敗している訳とは

それ以外のコスパも照らし合わせてみると。
国産サプリに魅力はありません。

このサイトを立ち上げた3ヶ月前にはそんなことを夢にも思っていませんでしたので、私自身驚いています。
そして7ヶ月たった今では国産サプリは全く眼中に入らなくなってしました。
怪しすぎて評価に値しないんです。

トクホの認定基準も甘い 臨床実験も信用できず 必要な表示もなされない 日本のサプリが劣化している原因とは何か?

日本の医薬品はすばらしい

私は市販されている医薬品は全く信用しておらず、買ったことがなかったんですが。
最初の3ヶ月の間に考えを改めました。

目と肩の痛みが消えたナボリンSのコスパを考える ジェネリックは安くなかった!

医薬品は、医薬品に認定されていることでその成分の有効性や成分量などが記載さていて、表示されていることが虚偽ではないということが保証されています。

(日本の薬事法で縛られないサプリの成分表示が虚偽であっても罰せられない・・・・・・だから当然みんなやっている?)
また日本では処方箋がないと購入できない医薬品も同じものを個人輸入で比較的安く手に入れることができます。
病院では病気じゃないけど、もっと健康になりたいから薬をくれと言っても医者は処方してくれませんから。
個人輸入代行サービスを使えばそれと同じ薬を手に入れることが可能です。

日本では医薬品扱いの成分でも海外ではサプリとして普通に売っているものも多数ありますが。
また処方箋無しで買える薬であれば、海外サプリに比べてもコスパが良い場合も多く、私としてはおすすめです。
Amazonとか楽天で買えますので、サプリと同じ成分であれば絶対に薬のほうが安くてしかも効果が高いです。
現状では私達が望んでいる効果を得るにはやはりED 治療薬がおすすめです。

勃起関連以外でも滋養強壮剤として優れている医薬品もたくさんあります。

その過程を見ていただくためにも旧版は保存しておきたいと思います。

旧版1

サイトトップページ旧版1 立ち上げから3か月間のもの

旧版2

 

トップページ旧版2(2017年9月改定時)立ち上げから4ヶ月目に書いたもの

 

改訂版2トップページ

前回改定したものを大幅に手直しをしてあります。

以下の方針で今後サイトを作っていくウモリです。

はじめに

私にとっては勃起しなくなるという衝撃的事態は大変に切実な問題でしたので。
必死に情報をかき集め、なんとか克服することが出来ました。

また今は20歳以上年下の彼女がおりまして、そんな状況の中で集めた情報や体験をまとめたサイトを作ろうと思いつきました。

恋人と充実したナイトライフを送るための「必須パーツの活性化(ナニの勃起)」について考える真面目なサイトとして運営しています。ただ新板からは体各部に効果があるサプリや医薬品についても見ていきます。

少し幅が広がってきたとはいえ、エロいサイトではありませんので、そっち方面を期待されている方には申し訳ありませんが、期待には添えないと思います^^;あしからず。

なおこのサイトの登場人物は3人で、私と恋人のマリア(フィリピノ)と、マリアの友人のたみい(日本人)です。


プロフィールなどについてはサイドバーのGIFをクリックして各記事で御覧ください。
似顔絵はアプリでそれぞれの写真を加工して作っています。なので実際の顔とある程度は似ています。
でもやはりそのままは出せませんので、^^;あしからず。プロフィール記事にモザイク加工をした彼女たちの写真集を貼り付けてあります。

構成については以下のようにするつもりです。

一部 勃起関連

 

ナニの勃起の仕組み(精力についての基礎知識)

自分なりに勉強をしたことなどを随時まとめていきます。とりあえず最低限のことを記事にしましたが、今後追加していくつもりです。(2017/7月)
なお「ペニスが大きくなるってほんと?」というカテゴリは保留としておきます。

性欲って何?どうして起きるのか?

 

勃起のメカニズム ED解決のためにぜひ知っておきたい基礎知識

 

 

中折は実はED障害だってホント? ED以外で勃起しない例は?

中折は実はED障害だってホント? ED以外で勃起しない例は?

 

このテーマですが、私もいろいろと試したこともあるのですが。
大きくなったということは無かったです。
EDになった後戻ったってことはありますが(;´Д`)

血流を充実させて勃起時のサイズを大きくするということはもちろん出来ます。
またペニスは相当部分体内に埋まっていますので、血流を増すことでそれを表に出すことも出来るでしょう。
でもそれでペニスそのものが大きくなったとは言えないんじゃないの?

ペニスは筋肉で出来ているわけじゃないんで、ペニスもりもりということも出来ないでしょうし。

今回サイトを作るに当たってそれなりに調べて見ましたが。
理屈の上でも現状では40過ぎてからペニスが大きくなるというようなことは難しいんじゃないかなって思います。
麻薬性のものを摂取するとか(適当)、手術をすれば別なのかもしれませんが。
そこまで試す気はないので、このサイトではそれらの体験を書くことはできません。

そもそも白人や黒人に比べて日本人のモノがハーフサイズなのは、「精子戦争」の激烈な争いが少ない環境だったからだという説もあります。
女性を奪い合って種付けをせざるを得なかった民族はナニがでかい遺伝子を持った人の子孫だけが生き残っていったのでその結果、ナニがでかいんだと。
一般的にそういった血で血を洗う奪い合いがなかった農耕民族の子孫はペニスのサイズは小さいんだそうです。
日本人はもちろん小さい方。私も東南アジアで外人ちんこ比べをしたことがありますが、大きさが全く違います。
もしそうだとすれば、ハーフサイズの遺伝子を受け継いでしまった多くの日本人が自分の代でペニスを大きくすることは難しいんじゃないかなって私は思います。

確かに・・・・なんかを飲んだらペニスが10センチ伸びて太くなりましたなんてな色んな体験談がネット上にあふれています。
それは確かに男性の心をくすぐります。そうなったらどんなに良いことか、と。そして実際にそうなった方もいらっしゃるのかもしれませんが。
私は体験してないのでわかりません。

ポルノ小説のことを、あれは「大人の童話」だと書いてあるのをどこかで読んだことがありますが、私もそういうものはファンタジーとして読んでいます。

そりゃあ男としては大きい方が良いなあとは思います(^_^;
デカさは関係ないと言うつもりはありません。
黒人の出てる無修正動画なんか見てると、ナニの信じられないデカさに腰が抜けそうになることもあります。

こんなこと一度でも良いから言われてみたいなと夢想したりもします(^_^;

なので飲んだらでかくなるってなED治療薬のような画期的なやつが本当に出てきたら良いなあという期待はあります。

ED治療薬は飲んでもモノそのもののサイズは大きくはなりませんが、今まで勃たなかった息子が勃ってくれる様にはなります。
そうなったというだけで、世の中の多くの男性を苦しみから救いました。

薬で勃つなんて最低だという人もいますが。
わたしはED体験者なので、その価値は十分に知っています。
それに加えてナニのサイズが大きくなるとしたらこれはこれでうれしいことですよね。

だからナニを大きくする方法に対する探究心は持ち続けつつも、このテーマは括弧付きで保留の上、大発見を待ちたいと思います。
ガセとかステマには十分お気をつけください。まず99%嘘です。

でも納得がいくモノがあればその都度記事にしていきます。
これが当サイトのスタンスです。

 

 

 

精力剤の歩き方(精力剤の基礎知識)

誇大広告で溢れかえっている精力剤業界ですが、だまされないための第一歩は精力剤とはなにかということを把握すること。
そして精力剤の中に含まれている成分についての知識を持つことです。
精力剤の効果が人によって何故違うのか。薬と精力剤の違いを知ることも大切です。
最低限の記事を書いておきましたが、今後追加していくつもりです。

 

精力剤って?その効果はなぜ保証できるのか?

 

薬と精力剤の違い  精力剤の効果が人によって違うわけ

 

多種類の成分が入っているからすごいってことは無い

最近は多種類の成分が入っていることを売りにする精力剤が多数見られます。
理由は2つありまして。
一つはサプリの成分の多くは薬としての効果の因果関係が臨床実験では確認されていないものです。
薬と精力剤の違い
のところでも言及しましたが、成分と効果の因果関係がはっきりと見いだせなかったために薬として認められなかった成分の多くがサプリメントとして使われています。いわばサプリは薬になれなかった落ちこぼれと言ってもいいでしょう。

薬と精力剤の違い  精力剤の効果が人によって違うわけ

ただだからといって効果がないとは断定できません。
精力剤の成分の多くは現代のような科学的手法で解析されたものではないにしろ、数千年に渡って行われた人体実験を通じての統計的なデータをもとにして選ばれてきたものです。

今後薬としての効果が認められる可能性は高いのです。

とは言えそういうことなんで、どれが効くのかがわからない部分があります。数撃ちゃ当たるではありませんが、様々な成分を含むことで、そのどれかによって効果が出たら御の字というようなことなんだろうと思います。

二つ目は精力剤を摂取する側の状態が千差万別だということです。
ED治療薬は。

脳が性的刺激を感知⇒神経を介してNO(一酸化窒素)が放出⇒血管拡張物質cGMPを増やす⇒ペニスが勃起⇒事が終わる⇒陰茎海綿体にあるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)によってcGMPが分解される⇒ペニスが萎える。

という勃起システムのうち陰茎海綿体にあるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを抑圧するものです。
これでPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きが過剰だったためにインポになっていた人の勃起回復が可能になりました。

でも精力剤の成分の多くはそこまではっきりした因果関係を認めることができないんですね。
とはいえ勃起不全にも様々原因がありますので、そのために多種類の成分を盛り込んだほうが効き目があるという考えです。
実際「バイアグラ難民」という言葉にもあるとおり、ED治療薬が効かない、もしくはアレルギーの問題があったりして服用できないという方も数多くいらっしゃいます。
こういう方はまた別の治療か、もしくは別の薬を服用する必要があります。

ですから多種類の成分を試してみるのは「有り」だと思います。

しかし、多種類の成分が含まれているからすごいんだ、先進的なんだというような宣伝文句には私としては納得できかねるものがあります。
100種類の成分が含まれているとしたある有名精力剤などは当然成分量には言及していません。
当サイトではそういうモノはおすすめしかねます。

精力剤の成分については以下のページでまとめておきます。

精力剤の成分詳細 まとめ記事

それと複合成分が配合されたサプリは一般的に割高です。
単成分サプリで同じ成分を揃えたときのコスパを比較してみています。
まだ比べているものは数が多くはありませんんが。
国産の複合成分精力剤はコスパの点だ全く勝負にならないことがわかります。

複合精力剤を単成分サプリで調達した場合のコスパ まとめ

お勧め精力剤BEST7について

「精力剤!本当に効果があり即効性が期待できる精力剤ランキングBEST7」というのがサイトタイトルなんですが。
ランキング表示はやめることにしました。ただしタイトルは変えないでおこうと思います。

国産精力剤は見掛け倒しが多い

というのもまずは国産精力剤はほぼ紹介できかねるということがあるからです。
最初は国産精力剤のうちで良さげなものを見繕って紹介しようという。
かなり安易な考えでいましたが。
色々と調べてみたところ、コスパも、安全性もアメリカのサプリに負けているということがわかりました。

 

国産精力剤の長所は安全で信頼できることだと言われています。実際安心感はあります。日本語ですし。
中国のサイトなんかで日本語で書かれているものなんかは翻訳ソフトを使っているのがバレバレの怪しい日本語だったりします。
でも私は日本の精力剤は安全でも安心でもないと思います。しかもコスパも悪いです。

日本製が安全だというのは神話にしか過ぎないです。

国産精力剤の問題は成分量に比してコスパが悪いものが多いこと。
それと薬事法の制限があって、使えない成分が多く、魅力的な商品が少ないこと。
成分表示がきちんとなされていないので内容がわからないので選びようがない。

この3点だと思います。
アメリカは流石にサプリ大国だけあって商品のラインナップは国産精力剤とは比較になりません。
しかも正規の商品であれば、厳しい審査をくぐり抜けていますので、安全性も高いです。
アメリカのサプリの検査基準は日本の医薬品の検査基準と同じなんです。
しかもそれらを今では簡単に購入することができます。

日本語で痒いところに手がとどくような、心をくすぐる宣伝がしてあったとしても、サプリの価値とは必ずしもイコールではありません。
このあたり国産精力剤は盛り方が過剰なのではないでしょうか。
また国産精力剤の口コミも怪しいものが多くて信用なりません。ステルスマーケティング全盛の感があります。微妙な言い回しができる日本語ならではのだましですね。
だから当サイトでは私がみて評判がいいとか、悪いとかそういうことは書きますが、基本的には口コミは載せていません。

何しろ日本に薬事法ではサプリは単なる食品と同じ扱いをされているので、どんな成分がどれぐらい入っているかという表示をしないことになっているし。
成分量の偽装をしても罰則はありません。
内容がわからないわけですから、宣伝もやり放題です。

日本のサプリのどこが安心なんだろうと私は思うようになりました。

 

そういった幾つかの問題を乗り越えて、それでも検討するに値するものであればやはり国産のほうがきめ細かく使う人の身になって商品が作られています。
輸入サプリの場合。カプセルがでかすぎて飲みにくいとか。問題もあります。そういうことは国産であればほぼないですからね。
おすすめしたいと思います。最近はそういう商品も出てくるようになりました。が、少ないです(# ゚Д゚)

外国産の精力剤のほうが安心安全コスパも良い。

外国産サプリを購入するのに障害になるのは思い込みです。

もちろんネットを活用するような人はそんなことはないんでしょうが、特に私と同じような年代の方の多くは外国産は不安だといいます。
理由はサプリの内容じゃなくて、日本語表示でないとか、外国製品は危ないんじゃないかという単なる思い込みです。

これは根拠があまり無いんですが、そこにつけこんで国産のボッタクリ精力剤がはびこっています。
そしてまたまた何度も書きますが、国産の精力剤はきちんと成分が表示されていないものが多すぎます。
日本の消費者を舐めきっています。ふざけんじゃねえと思います。

やっぱり国産は安全だよね、などというサイトも数多く見受けられますが。
成分表示がしてあり成分量のh偽装表示が禁止されている輸入サプリと、曖昧な成分表示しかしなていない、何がなんだかわからないけど良さげな宣伝をす国産精力剤とどっちが信頼性が高いかは、考えればわかることです。

精力剤が必要な人の大部分は年配の方々だと思うんです。
そういう方々にぜひ外国のサプリを選択肢に入れていただきたいものです。

私は東南アジアに行って精力剤を結構買っていますが、まず言えることは安い、ってことですね。
それで、なんで国産精力剤がこんなに高いのかっていう疑問がわきました。

まあそれでも入ってればいいですが、国産の場合はなによりも誇大広告偽広告が問題で、マカの記事のところでも書きましたが、私も何度も釣られてしまいました。

マカってどこがすごいの?精力剤としての価値は?騙しが横行するマカの偽装表示とは?

ステマは2hとかにも出没して釣ってきますから質が悪いです。

それで、わたしなりの精力剤の結露なんですが。

天然の精力剤は即効性はないので、あくまでも先zない敵勃起能力を高めるために服用する。
精力剤成分の多くはただ単位勃起の役に立つだけではないく様々な効能を持っています。
服用する価値はあると思います。

でも精力剤って高いですから。
端成分も良いんですが、テストジャック200なんかわたしとしてはおすすめです。
その理由は以下の記事に書きました。

精力剤は何を飲めば良いのか?最高コスパで最大の効果を上げるためのサプリ選び!私の場合

 

結局はED治療薬だが・・・

今まで精力剤に関して長々書いてきましたが。

精力剤の分野では、医薬品として認定されているED治療薬の効果は素晴らしくて。
症状を改善するのに、それに匹敵する精力剤サプリは見当たりません。

よく薬で勃つなんて恥ずかしい、という記事も見かけます。
もちろん自力で勃つ方がいいに決まっていますし、そういう方が体の健康を更に強化することでセックスライフを充実させるんならばそれはそれでいいと思います。
でも精力剤の成分はその殆どが単なる食品なので、ピンポイントでの効果は見込めません。

ということで勃起に効果的で、多くの人たちに再現性があるED治療薬以上におすすめできる精力剤は現在のところありません。
しかもシアリスが現在前立腺肥大症の薬として保険適用を受けているように安全性も確認されています。
毎日服用しても大丈夫なんです。

シアリス(タダラフィル)は安全で毎日服用でき、ED 治療薬としてだけでなく、前立腺肥大や高血圧の薬として使えるってご存知でしたか?

という事なんっですが。ED治療薬としてバイアグラなどと違う作用機序を持つ薬もあります。。
これは一種の媚薬だと思うが、試す価値があると思う。

ドパミン受容体作動薬の勃起作用がすごいってほんと?バイアグラに負けないパーロデルやカベルゴリンに危険はないのか?

そして早漏にも効果がある薬がある。

唯一早漏防止医薬品として認可されているダポキセチンの効果と安全性について詳しく調べてみた!ED治療薬と合体で勃起力増強?

直接亀頭に塗るということだと。

早漏防止のために塗るとしたら何?局部麻酔薬リドカインさえ配合されていれば十分!高い「早漏防止」スプレーは買う必要なし

ちんこに注射するか座薬を入れる方法。
ここまで来ると結構重症だとは思いますが。

確実に勃起するようです。
ようです、というのは私はまだ試したことがないからですが。
効果はあるようです。
調べてまとめておきました。

ED治療 陰茎海綿体自己注射と尿道座薬の効果は保証済 なのになぜ保険適用されない?相変わらず消費者を無視する医薬行政

なお衝撃波を当ててEDを治すという方法があります。
これも調べて見ましたが。イマイチ感がありました。
最終手段は人工ペニスを埋め混むやり方ですが。
現在はED治療薬の効果が素晴らしいこともあってほとんど施術は行われていないようです。

ED治療 ちんこに人工ペニスを埋めたり、機械・器具を使って勃起力を高める方法について!ED1000・陰茎プロステーシス・陰圧式勃起補助具

まあいろいろとありますが。
ED治療薬で効果がある方であれば、それをメインに活用し、ナイトライフを充実させるのが良いのではないかと私は思います。

ED治療薬は高血圧や前立腺肥大症を抑える効果もあり、考えようによってはまだまだ効果的な活用ができそうです。
これからも深ビリをしていくつもりです。

 

二部 健康のための優良サプリ成分

精力剤を調べていくと、最終的には体の健康にたどり着きます。
当たり前のことですが、彼女とナニをするにも、健康でなければ出来ません。
中折れは動脈硬化の初期段階とも言われています。
ホルモン系やベニスを直撃するような成分以外はすべて健康に良い、滋養強壮の効果を狙ったもので、これらは別に精力剤でないサプリにも入っていたりします。
人の体は3ヶ月かけて入れ替わるので、効果が出るまでにはそれくらいは最低でもかかります。
結局これらは私達の体をより良く活性化させるために取り入れるものです。

なのでもちろんこのサイトはあっち方面を元気にするための情報を集めていくものですが。
様々なサプリに使われている効果がある成分についても調べて記事にしていくつもりです。

なお医薬品についても記事を書いていきます。
医薬品と言っても特別なものではなくて体に効く成分ということなのでサプリと同等の扱いをしていきます。

医薬品を単成分サプリで換算して比較をしています。
日本の医薬品をアメリカの同等品質サプリに換算した場合、医薬品であれば、コスパの点でも日本のものは購入する価値が有ることがわかります。
ただし、やはり単成分サプリでそろえたほうが安い場合がほとんどですが。

医薬品を中に入っている成分でコスパを比べてみる

優良医薬品について^^; まとめ

ビタミンはやはり素晴らしかった

ビタミンについてはここで言うまでもないんでしょうが、私的には方頃と眼精疲労がひどくなったときに服用した薬が非常に効き目があって。
どんな成分が入っているんだろうかと調べたところ。
ビタミンB群だったので非常に驚きました。
そこからさまざま調べて記事にも書きましたが。
ビタミンの存在が明らかになったからこそ壊血病も脚気もなくなったし。
体内の抗酸化力も高まります。
目の疲れも瞬く間に治るという。

とは言え活性型じゃないとだめだとか。
効果のある服用をするためにはさまざまあって、
記事もある程度書きましたが。
ビタミンもまた今後さらに深掘りすべき素材だと思いました。

ビタミンB12はスーパービタミンだった 核酸合成・細胞や脂質の合成に必須 スマドラ効果や眼精疲労・肩こりにも効果

 

ビタミンB1の最強誘導体フルスルチアミンの素晴らしいい効果と最安で購入する方法を大公開

 

ビタミンCは天然も合成も効果は同じ!騙しに気をつけよう  製造法や選ぶ際の注意点を解説してみた

抗酸化物質について

抗酸化物質もサプリの定番ですが。
前記ビタミンを含め、様々な物質が毒である酸素辛味を守る働きをしています。
この力が弱まれは勃起どころではありません。

 

活性酸素とフリーラジカルはどう違うの?一番恐ろしいのは過酸化脂質だって知っていますか?

今まで様々調べ、記事を書きましたが、更に今後深掘りをしていくつもりです。

最強抗酸化物質で、グルタチオン濃度を増やせ!勃起の前に体の強化を!全く効果がないサプリはどれだ!!

「猛毒の酸素から身を守る 4段階の防衛システム」ということで記事をまとめてみました。

活性 酸素, フ リーラ ジカル の発 生 を未然 に防ぐ抗酸化物質とは 猛毒の酸素から身を守る 4段階の防衛システム1

ビタミンEやビタミンCのフリーラジカル防御能力が素晴らしい 猛毒の酸素から身を守る 4段階の防衛システム2

過酸化脂質や酸化された蛋白質を排除するやり方ってあるのか?猛毒の酸素から身を守る 4段階の防衛システム3-1

細胞や核酸を修復再生する機能とそれを助ける成分について 猛毒の酸素から身を守る 4段階の防衛システム3~4

この抗酸化作用についてはさらに深掘りをしていきたいと思っています。

伝統医学で処方されてきた成分の再評価

 

漢方薬の場合偽薬が多いことが問題です。なぜ偽薬が作られるのかといえば、漢方薬は成分表示・成分表示がされていないものが多いからです。
また各成分の効能に関しても西洋科学的な検証が行われていない場合が多く。曖昧です。

ただ漢方薬の世界はさすが中国4000年の叡智が結集していまして、現代医学とは異なる医学体系のもとで発展したものだけに、非常に効果があるものも多く、侮れません。

私も医者に行って処方された薬ではEDが治らなかったんですが、怪しい漢方系 精力剤で勃起力を回復した経験があります。

漢方医学の特徴は、伝統中国医学と同様に体全体をみるところにあり、「証」という概念を持っている。証は主に体質をあらわす。この点で西洋医学とは大きく異なる。漢方診療は「証に随って治療する(随証治療)」が原則であり、体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していく。このため、症状だけを見るのでなく体質を診断し、重んじる(ホーリズム)。西洋医学が解剖学的見地に立脚し、臓器や組織に病気の原因を求めるのとは対照的である。
同様に、漢方薬も「証」にもとづき患者一人ひとりの体質を見ながら調合される。西洋医薬は体の状態が正常でも異常でも一定の作用を示すが、漢方薬は病理状態ではじめて作用を示す。(ウィキ)

漢方というのは本来ひとりひとりの体の状態に合わせて薬を調合するやり方を取るので、熟練が必要です。今のようなマニュアル社会にはあまり向かないのかもしれませんね

その点西洋医学というのは因果関係がはっきりしてるんで、どの人にも同じように効きますが、幅が狭いのです。
ピタッと当てはまらないものは薬として認めないというやり方ですから。
それなので統計学的に導かれた漢方薬の効果について何故効果があるのかを後追いで研究している最中。
長い歴史の中で経験的に作られてきた漢方薬がなぜ効果があるのかを現代医学の視点で分子レベルでの研究がなされているというのが実際のところだといいます。つまりある意味では現代科学のほうが遅れているわけですよね。
現在では漢方薬だけでなく、世界中の伝統医学で使われてきた生薬や薬草の研究が行われていて、その効果が確認されたものは確実に効く精力剤として脚光を浴び、商品化されています。
トンカットアリなんかもその例ですが、ですから今後どんな精力剤成分がヒーローとして躍り出てくるかわかりません。

伝統医学や漢方の価値を見直そう ハーブがいまやオカルトまがいの過去の遺物から宝の山に 今サプリが面白い

私たちとしては科学的に効能が明らかにされていない漢方精力剤については。
何千年もそれを服用してきた人たちの統計学的な結果を信じて自分が実験台になって試すしかないと思います。

それで。
漢方精力剤は中国から直に購入する方法もあるとは思いますが、私は中国語はできないんでこの前シンガポールに行ったときに少し買ってみましたが。
知ってる人もいなかったんでよくわからなかったです。
また中国サイトの日本語なんかは実に怪しい。翻訳サイトを使ったことがミエミエのものが大半なのでそういったネットショップで買うのははばかられます。

ただ今後は漢方の成分についても記事にしていきたいものだと思っています。
アメリカでも販売している安全な漢方薬について、幾つか書き始めたので今後追加していきます。

漢方薬なのにアメリカで第二のバイアグラとして大人気!ホーニー・ゴート・ウィードって?

伝統的に評価が高く、かつ精力剤成分としても定評があるもの

朝鮮人参の効能って価格に見合うのか?高すぎねえか?国産サプリ批判的評価

鹿茸(ロクジョウ)はモンスター精力剤?本当に効果があるのか!由来と効能は?

伝統医学から導かれた医学概念 アダプトゲンは長寿の切り札?

アダプトゲンという概念は伝統医学雨から導き出されました。
現在知られているアダプトゲンのほとんどは、アーユルヴェーダか漢方で伝統的に使用されていたもので。
今までの科学的手法では解明できないが、確かに効果があるということで 有意水準の科学研究によってこれらのアダプトゲンの有効性が確かめられたものだといいます。

この有意というのは。

有意(ゆうい、独: Signifikanz、英: significance)は、確率論・統計学の用語で、「確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる」ことを指す。

 

つまりその成分の効果は偶然とは思えないから、有効であるはず、とする、と言うもので。
今までの分析的な手法でははっきりとは解明はされていないが効果はあるはずだ、ということなんだろうと思います。

近年大注目されているアダプトゲンにはアシュワガンダやイワベンケイ、バコバ、高麗人参など伝統医学の大物たちがずらりと並んでいます。
それで、わたしサプリで全て摂っているんですが。
すぐに効果が出るものではないんですが、たしかにじわじわ効いてくる感じです。
でもサプリって高いものなので、ジワジワぐらいじゃしょうがない、次は別なものを試してみようかなと思うのに、その中に必ず入ってるんですよね。

それでこのアダプトゲン。
調べていたら長寿のカギを握る成分だという研究報告があったりして。
非常に興味深い成分だということがわかってきました。
これは有意水準の科学研究によって効果が認められてきたということなんで、未だ本当のことが分析的に解明されているわけではないんですが。

これも深めていきたいと思っています。

アシュワガンダはウコンより効く!癌にも効く!勃起関連にも有効!でも鬼灯の一種だったってホント?

バゴバとゴッコラ アーユルベーダの「食べるIQ」は本当に脳に効果があるのか?

長寿を求めて

先程のアダプトゲンは実は長寿をもたらす成分であるという話がありました。
長寿のカギを握るものとしてテロメアが見つかり、その発見に対してノーベル賞が授与されました。

私も調べて見ましたが非常に興味深い発見だと思います。

テロメアの長さで客観的に測れる健康法の効果 寿命の回数券テロメアを伸ばす=寿命を延ばす方法は意外にも既存の健康法の中にあった

得にも驚いたのが、このテロメアの長さが伸びるかどうかで今までの健康法や、サプリなどの効果が図られる可能性があるということです。
この辺り非常に興味があります。

これから更に深掘りをしていきたいと思っています。

長寿といえば同じくノーベル賞を受賞したオートファジー論というのがあって。
断食の効果を科学的に裏付けました。

ノーベル賞受賞のオートファジー理論が断食の効果を証明した!無料でできる最強健康法とは

実に面白いので、是非これらもも深めていきたいものです。

スマドラ

頭が良くなるのはともかくも歳をとってくると記憶力が低下するということがあります。
私も少し前にもの忘れをするようになってきて。
このサイトを作ってもいることなので様々調べ始めました。

 

スマドラを深掘りしてみようかな 何をもってスマドラというのか?どんな区分があるのか?効果はあるのか?

スマドラ ヌートロピクスとはなにか? ピラセタムなどラセタム系の危うさとアセチルコリンを脳内に増やす安全な方法

神経伝達物質を伝える仕組みとは ホルモンとの違いは?スマドラ効果を調べる前の基礎知識をまとめてみた 

神経伝達物質系スマドラはわからないことが多すぎて安易な摂取は危ない!アセチルコリンとドーパミン セロトニンの関係は?

スマドラが規制されるのはなぜ?既得権者を守るため?シチコリンがだめでアルファ-GPCはOKとか規制基準が曖昧すぎ

それで。シチコリンやイチョウの葉エキス、バコバなどを飲んだところ。
直ちに記憶力が回復しました。
これには私もびっくり。

いくら長生きしたところで呆けてしまったらおしまいです。
これらについても深掘りをしていきたいと思っています。

三部 輸入代行サービス会社を利用しよう

英語が読めなければ釣り広告に釣られることもありません^^;
というか、海外のサプリや薬は判断するのに必要な情報を開示していますので、ある意味国産よりも信頼性が高いです。
もちろん輸入代行サービス会社の選び方で購入金額も違ってきますから、その選択は重要です。
精力剤の成分表示を行っていない輸入代行サービスを使ってはいけません。
有名どころでも値段の比較をしてみてください。
全然値段が違います。

今は輸入代行サービスを使えば、正規品の輸入精力剤を気軽に購入することができます。
海外の正規品は安全をメーカーが保証していますから怪しい市場で買うよりもずっと安全です。

また輸入サプリに目を向けるとその多様性に驚かされます。
調べていて楽しいですし、精力剤の効果は個人差がありますので、選択肢が多ければ多いほど可能性が拡がります。

今はAmazonでも購入することができますが、入っている成分によっては日本のAmazonでは購入できないものもあります。

そんな場合。
手軽に購入できるiHerbというショップがありますが。
ここではAmazonで手に入らないサプリを購入することができますし、またAmazonで購入できる商品はほぼ全商品AmazonよりもiHerbのほうが安いです。
それよりもディープな精力剤などはオオサカ堂などで購入することができます。
詳しくは輸入代行サービスの記事をご覧ください。

精力剤関連のおすすめ輸入代行会社2つ 日本のサプリは高すぎる! iHerbともう一つは?

iHerbで精力剤・健康サプリを探そう! 最安で情報もバッチリ!使いやすい個人輸入代行行サービス

ただし国内の輸入代行サービス会社は様々なところから攻撃を受けています。
それは個人が安く薬を入手できると都合が悪い組織があるからです。
それでいろんな中傷があったりクレジットカードが使えなくなったりしますが。
それだけ私達の味方だということであるとわたしは理解をしています。
私達利用者にとってはとても役に立つ素晴らしいサービスです。

私が一押しのオオサカ堂もカード決済を止められたりしていて、やられ方がひどいですが、サイトの作り方といい、正規品であることの保証といい。
何よりもコスパの点で、優れています。
ぜひ頑張っていただきたいものだと私は思っています。

精力剤正規品取扱個人輸入代行サービス会社は違法で危なくて騙しばかりだという風評の真偽は?

ジェネリックがお勧め

当サイトでは海外の精力剤・サプリやジェネリック医薬品を数多く紹介していきます。
選び方、購入の仕方、気をつけるべきことなどを記事にしていきます。

更には何故海外の医薬品やサプリが効果があって安いのか。また日本で販売されていないものを手に入れることができるのか。
そのことについてもまとめてわかりやすく解説していくつもりです。

個人輸入の良さは安いジェネリックを購入できることです。

ジェネリック医薬品は安全か?海外ジェネリックが狙い目である3つの理由

 

当サイトでは海外の精力剤・サプリやジェネリック医薬品を数多く紹介していきます。

更には何故海外の医薬品やサプリが効果があって安いのか。また日本で販売されていないものを手に入れることができるのか。
そのことについてもまとめてわかりやすく解説していくつもりです。

以下の記事はさっきも紹介してありますが、インジェネがいかに安心かということを製薬メーカーの圧力という視点から書いてあるます。

ED治療薬に関して偽薬情報を流す医薬品メーカーの狙いは合法で偽薬がなく、かつ1/20の値段で全く同じ成分のジェネリック外し!!

今後も実際に購入したものなどは記事にして追加していきます。

痛風に効果!ザイロリックとフェブタズはどっちが効果があるのか?おすすめジェネリックも紹介

ドパミン受容体作動薬の勃起作用がすごいってほんと?バイアグラに負けないパーロデルやカベルゴリンに危険はないのか?

まとめ

このサイトでは下半身関連の充実を実現するための私なりの体験や知識についてまとめていきます。

変に知ったかぶりはせずに私個人の体験と知り得た知識を詰め込んでいきます。
私がさまざまな精力剤やサプリを購入した経験からいうと。
精力剤の効果が個々人必ずしも同じでない事を前提にして、その人なりの体験を語ってくれるようなサイトに好感を持ちました。

私も出来る限り正確な情報の提供を心がけながら。
その上でこの人の言うことは信頼ができそうだからおすすめのものを試しに買ってみようかなと、そんなふうに思ってもらえるサイトを目指して頑張っていこうと考えています。

実際に私がこのサイトを作り始めてから得られた知識は私自身のためになっています。
そして実際にサプリを購入して飲んだりしていますが、今までとは全く違った手応えが得られるようになりました。

いやあサイトを立ち上げてよかった!

今までなにも知らずにサプリや薬を服用していたことが残念です。
知は力なり!

勉強する甲斐はあるもんだな、と思う今日このごろです。

今後とも宜しくお願い致します。